アプローチのクラブ選択





アプローチのクラブ選択


目標までの距離がだんだん短くなり、加減の必要な距離に入ったら弾道は自分で作らなければなりません。アプローチショットにおける「上げる」「転がす」の選択となります。
クラブ選択とは言い換えれば距離選択、弾道選択で、フルショットではそれをクラブで行っているわけです。しかし力加減を要するアプローチショットでは、どのクラブでも距離的にカバーできるだけに話がややこしくなるのです。アプローチで使用クラブは1本と決めたほうがいいかもしれません。ロフト角は大きいほうがいいでしょう。ウェッジ系となります。サンドウェッジは使用用途が広いのでいいかもしれません。まずは基本的な弾道の作り方ですが、基本はショートスイングで、ボールの位置もつま先の開きようも同じです。そして左右対称となる振り幅のスイング。これでSWなりの基本弾道が得られます。
そして同じアドレスから右つま先を閉じ、左足と平行にセットすると低弾道になります。つまり転がしの構えです。ずいぶんとボールが右に寄った感じがしませんか?しかし、左足とボールの位置関係はいっさい変わっていません。逆に右つま先をもっと開くとボールの位置は左に寄った印象になると思います。これが高弾道で、上げるショットの構えです。
クラブは替えないでボールの位置も変わらず、唯一、右つま先の開閉だけで弾道コントロールできます。ややこしくなくて覚えやすいでしょう。



スイングはあくまで左右対称


右足を閉じた転がしの体勢から、スイングは左右対称のつもりで。「つもり」とは気持ちの上では左右対称ですが、現実の動きはフォローは低く、ヘッドは浮き上がらずに目標へ振り出されるからです。わざと作るフォローの形ではなく、つま先配置が作る自然な形です。無理にヘッドを抑えようとか、ボールを上からつぶそうという動きはヘッド弧の軌道を乱すことになります。スイングはあくまで基本どおりに「左右対称」のつもりでバックスイングとフォローの大きさを同じにしましょう。




スイングはあくまで左右対称


アプローチのクラブ選択はいろんな状況で的確にクラブを選択できればみるみるスコアが縮める事が出来るようなきがします。
我々のようなアマチュアゴルファーはどのクラブを選択するかという方法論がはっきりしていないのです。
今日はこのクラブは寄らないからと 違うクラブを使おうという人を良く見ますが、そんなに迷っていては近いうちにまたそのクラブも寄らなくなってくるのではないか。また、アプローチはサンドウエッジで全部やるという人もいますがこれもどうかと思います転がした方がいいのに無理やり上げる必要がないですしね。
アプローチするときはいち早く自信を持って最適な使用クラブを決め、アプローチに集中出来るかが成功させるカギだと思います。