アプローチにショートが多いのは





アプローチをすると圧倒的にショートが多い。これは距離感というよりもダフっているのです オーバーしたときはトップ。それが現実です。
 なぜダフつてしまうかというと、クラブを減速させてしまうことの他に、上から打ち込もうとすることに原因があります。
 サンドウェッジのアプローチは打ち込むもの、と思い込んでいる方って多いのではないでしょうか。ダフるのが嫌だから上からボールを潰そうとするのでしょうが、これが大きな間違い。インパクトが点になってしまうのでダフリやすいのです。
 プロが打ち込むというのはよっぽどのシチュエーションです。ボールが埋まっちゃっている状態とか、ごく限られた条件のときに打ち込むこともありますが、基本的には打ち込みません。サンドウェッジにはダフるのを防止するためにバンスというものがついています。ソールの膨らみがバンスです。これがあることによってクラブが地面に潜らないようになっているのですが、諸刃の剣で、ダフリを誘発するのもバンスなんです  なぜバンスがついているとダフリにくくなるかというと、スプーンをイメージしてください。スプーンでアイスクリームをすくう場合、自然にスプーンが表面に戻ってきてうまくすくえるじゃないですか。あれはスプーンの背が丸いからです。バンスも原理は全く同じで、要するに地面に潜ったクラブヘッドが戻ってくる効果があるんです。
ところがカップアイスについてくるような木の匙は、自分でぐっとやらない限り戻って来ません。これがバンスのあるサッドウェッジとないサンドウェッジの違いだと考えてもらえばいいでしょう。バンス角があるほど、言い換えればソールが膨らんでいればいるほど、地面に剌さりにくいんです  というように、バンスはダフリを防止するために考案されているのですが、にもかかわらずダフつてしまうのは、フェースを開くとバンスが効いてクラブの刃が地面から浮いてしまうからです。刃にカツンー・ と当ててしまうとトップになりやすいし、ボールの手前の地面にバンスが落ちてしまうとダフリやすくなります。
 このようにバンスというものは、使い方次第で非常に難しいものになるわけなんですが、うまく使いこなすにはヘッドを円運動させることですね。上から打ち込むとクラブがボールの下の部分に入りにくいけれど、払うように打てばボールを拾いやすくなります。
 というわけで、明日からサンドウェッジを打ち込むのはぜひともやめればそれがアプローチのミスをなくす第一歩なのです