アプローチ距離感の、出し方コツまとめ





自分なりの物差しを作り距離感を正確に刻んでいく

 フルショットよりハーフショットのほうが難しい。と感じる人もたくさんいると思います。確かに、ハーフショットの「距離感」を完璧に身につけることは、ゴルフにおいて難しい作業のひとつといえるでしょう。
 ハーフショットの距離感をどう出していくかですが、基本的にはテークバックの大きさで調整します。そこにインパクト時の微妙な強弱をプラスして、プラス1ヤードとかマイナス2ヤードといった微調整を付け加えるのです。



フルショットの距離から逆算して正確にメモリを刻む

 例えばサンドウェッジのフルショットが70ヤードだったとします。その振り幅をしっかりと頭にインプットし、そこからカウントダウンしていくようにして、距離感を出していきます。つまりは、フルショットの70ヤードを基準に、50ヤードはこれくらい、30ヤードはこれくらいといった具合にトップの大きさの物差しを作るのです。この物差しのメモリを、10ヤード刻みで設定できれば、正確の距離感を出すことができます。
 なぜトップの大きさを基準にするかというと、ちょっと抑えた球を打つときはフォロースルーを低くするなど、微妙にその大きさが変化してしまうためです。しかし、トップの大きさは常に一定であるため、物差しに向いているのです。
 また、振り幅とリンクする形でスタンス幅も変えていきます。振り幅が大きくなるにつれてスタンス幅を広くしていくのです。もちろん、打ち方(ピッチ&ラン、ランニングショット、ロブショットなど)で振り幅、そしてスタンス幅は異なります。



 距離感は基本的に、自分自身の(距離の)物差しをいくつ持っているかで正確さが決定されると思うのです。ピッチ&ラン、ロブショット、ランニングショットなど、打ち方別の距離の物差しもそれぞれ必要ですし、SW、AW、PWなど番手別の物差しも必要となります。
また、テークバックの大きさが、距離の物差しとしては最も重要になるのですが、それだけで全てに対応したのでは正確に距離を出していくことはできないのです。インパクトの微妙な強さやフォローの大きさで微調節する物差しも、持たなければなりません。
さらにその物差しも、できるだけ細分化されたメモリを持つ物差しでなければ、正確な距離感を打ち分けることはできません。しかし、これら物差しのメモリは、経験で刻み込むしかないのです。練習場とコースで常に距離感を意識していれば、より正確なメモリを刻んでいくことができるのです。



打つときは、躊躇せず思い切りよく打つ

 アプローチ上手になるための重要なポイントをお教えします。それは、「思い切りよく打つ」ということです。つまり、打つときは躊躇せずにガツンと打つ、ということです。
 レッスンなどで「イメージを出し過ぎないように」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。アプローチの時にはライン通りに攻めるために球筋などをイメージしますが、このイメージは出しすぎると失敗することがあります。どういうことかというと、イメージを出しすぎてしまうと、イメージを意識しすぎるあまりインパクトを緩めてしまうからです。ヘッドにうまく球を乗せる感じでフワッと打とうとして、知らず知らずのうちにインパクトを緩めてしまうことが多々あるのです。しかしそうするとヘッドに勢いがなくなってしまって、ザックリ・トップが出やすくなってしまうのです。
それよりも、インパクトするときには、思い切りよく、ガツンと打ってしまったほうがヘッドに勢いが出て少々のダフリ・トップに勝つのです。