アプローチが上手く行かない。理想の方向にアプローチする為の攻略レッスン法




アプローチ攻略レッスン①

 上級者ほどアプローチの小さなスイングを大事にしています。とりわけシャフトが地面と平行になる9時と3時の間の半円の区間。ここをアメリカのツアーの選手達はビジネスエリアと呼ぶそうですが、この区間がしっかりしているプレーヤーほど、賞金が稼げるという意味からきている表現だそうです。結局、スイングを追求するといっても、ボールに当たるこの区間ができていればいいわけです。トップとかフィニッシュもスイングを作る上うえでは重要ですが、ビジネスエリアが正しければ、必ずボールはうまく打てるのです。
そういう意味からも、この区間はスイングのコアであり、アプローチでこの区間の振りをしっかりさせます。飛ばしとか、方向性はその次のテーマになります。この区間は腕だけでも打つことができますが、とくにフォローでは身体のターンがかかせないのです。左腰のターンでクラブを振り抜くといっても過言ではないのです。左腰が止まる、もしくは回転させることを知らないと、フェースにボールが乗らないのです。
トップでシャフトを地面と目標線に平行にしたら、そこから身体の回転を使って再びシャフトが地面や目標線と平行になるように納めます。初めは、両足をそろえてその動きをマスターすることです。

ボールがうまく上がらない

 小技は気楽な遊び感覚を持って楽しみながらやると上達を早め、長続きをします。というのも理屈よりも、感覚でつかむ要素が多いからです。とくにトップするクセがあるとか、ボールが上がらないという場合には、打っていく方向に小さなカゴなどの障害物を置いて打ってみます。慣れないと、カゴの存在は結構大きなプレッシャーとなり、余計に打ち損ねるものです。普通に打てばこの程度のカゴなら、なんなくクリアできるところが意識過剰となってミスを犯すのです。
そんなメンタル面での弱気を強くするためにも、役に立つ練習です。もちろん自分でボールを上げようとして腕や身体を動かすのは、自分から落とし穴に落ちるようなものです。重要な鍵は、ボールを上げるのはクラブのウェッジであって自分ではないという点です。ロフトが上げてくれるのです。クラブにまかせれば、カゴをクリアできるのです。くれぐれも左ひじで持ち上げたり、頭を早く上げすぎるヘッドアップはしないことです。

アプローチ攻略レッスン②

 ウェッジは「両刃の剣」です。とても言うことをきく場合があるかと思えば、わずかの狂いで失った歯が芝に潜り込んで、ミスをすることもあります。グリーンに近い場所からの失敗ほど、手痛いものはないのです。メーカーとクラブ契約をしているプロ選手も、ウェッジに関しては契約外として、自分の好みのタイプを選んでいるケースが多く見受けられます。それだけ、ウェッジを重要視しているのです。大切なウェッジには違和感を感じないように、日頃からなじんでおく姿勢が必要です。時と場所さえあれば、つねにウェッジを手にして、手になじませておきます。その1つの方法として、フェース面でボールを何回もはじく遊びがあります。初めはウェッジを短く持ってフェースではじきます。
 何回、空中に上げられるか。熟練してくると、何百回もできるようになります。
要領としては、フェース面をなるべく水平な角度に保ち、芯でボールをはじき上げることです。そうしないと、ボールが斜めにはじき上がって次に当てるのが難しくなるからです。

きちんとボールをつかまえているか

 もっとも短いクラブであるウェッジが正しく打てているかどうか。それをチェックするにはティアップして打ってみることです。上から急角度で打ち込んでいる場合には、ダルマ落とし状態になり、ヘッドがボールの下をくぐり抜け、極端に飛ばなくなります。
 ゴムティを叩くのではなくてボールをうまく拾うのです。それがコツであり、また正しいウェッジの打ち方でもあるのです。ティはなるべく高めです。インパクトで詰まったり、上から叩いたり、逆に下からすくい上げたりする軌道では、ボールはうまく飛びません。
打ちやすい簡単な情況をつくっているはずなのに、正しいとらえ方をしていないと、ロフト通りの球にはならないのです。ティアップしているのだから、ウェッジをやや短めに持つだけで、スイングは特別に変えたりはしません。普通に打っていけばいいのです。
ミスするのは、要するに軌道が悪いのです。どうしても当たらない場合は大きく振らないで、小さなスイングへと戻します。
あわてないで、ヘッドの重みを手に感じながらゆったりと振ります。芯に当たるまで、何度も試してみます。ナイスショットが出るようになったら、軌道が正しくなった証拠です。

アプローチ攻略レッスン③

距離感の作り方は?

 アプローチのテーマには、距離感があります。目標をとらえるには、正確な距離感が要求されます。距離を打ち分けるのは、トップの大きさです。リストの高さによって、距離も異なってくるのを利用するのです。
もちろん、微妙な力加減も必要ですが、練習ではメカニカルにトップの大きさを変えて、距離感を出していきます。手を右腰の高さまで振り上げたら、40ヤードの距離です。さらに、手を右肩まで上げたら70ヤードという具合に、距離感の目安を決めます。腕に力を加えると、距離感がまた変わってくるので、力まないようにします。ここでは、あくまで腕の振りの大きさだけのノンパワー状態です。
注意点としては、フィニッシュはトップと同じ高さを心がけることです。右腰の高さまで振り上げたら、やはり左腰の高さまで振ってきます。左右同じ大きさに振っていくようにするのです。フィニッシュだけが大きくなるとフックしたり、高い球の打ち方になるのです。逆に低くすれば、押えた低い球、もしくはスライスになります。
これらは、特別な打ち方です。通常はシンプルに、左右対称の大きさに振っていきます。その上で自分なりの距離感を決めていくのです。

高いピッチショットを作るには

 ロフト以上の、特別に高い球を打つにはいくつかの方法があります。
①フェースを開く
②オープンスタンスに立つ
③右足つま先を外に開いて立つ
④ボールを左に置く
⑤手首を柔らかく使う
⑥アウトサイドインに振り抜く
⑦右足体重で打つ
⑧フェースを返さない
⑨フィニッシュを高く取る
⑩ヘッドスピードを上げる、

などがあげられます。
こんなに理論的な方法が多くあっては、混乱するといけないので、ここでは右足体重で打つことに絞ります。それには、右足を後ろに引いて完全に右足1本で構え、そのまま振り抜きます。左足に体重を乗せていけない構えなので、ボールの後ろにある右足に体重が残り、球が高く上がっていくのです。もっと実戦的にするにはこの理屈を利用して、右足のつま先を開いて立ちます。
はじめは極端に、45度以上開いたほうがはっきりと高い球を打つことができるのがつかめます。右足つま先を開いて立つと、ダウンで右ひざが中に入るのをくい止められます。そうすると体重が左に移行せず右に残されたままになり、さらにフェースがかぶって当たるのを防げるのです。

アプローチ攻略レッスン④

低い球で目標をとらえるには

 ウェッジで低くて止まる球をいかに打つか。アプローチは色々な球を打ち分ける必要があります。
低い球を打つ条件は
①ロフトを立てる
②ボールを右に寄せる
③左足体重で打つ
④ハンドファーストで打つ
⑤ゆっくり振る
⑥フィニッシュは低くする

などが考えられますが、これらはボールが沈んでいるようなライの悪い状況での打ち方と似ています。
 ここでは、フィニッシュを低く取る方法をやってみます。トップは通常の大きさにしておいて、フォローを低く取り、大きく上げていかないようにして押えます。スイングスピードをあまり速くしないで、ゆっくり振り、ボールに当たったら、両腕と身体の力で動きを止めます。パチンとボールを叩いて終わりです。手は上げていかないで、低い位置で止めてしまうのです。
高度な感覚になりますが、フェースの下部でボールをとらえると、スピンがよくきいて低く止まる球になります。
右手首は甲側に折れた角度で、インパクトまで下りてきますが。その形を変えないのが低いフォローを描くコツです。右手首を中側に折っては、ヘッドが上がってしまいます。右手首というより、右手のひらでボールを軽くつぶす感じで、フォローを迎えます。そうすれば、押えた感じの低いフィニッシュとなるのです。

スペシャルレッスン ラウンド中にショットごとの採点をする

 ラウンドする際に、スコアカードにスコアを記入しますが、そこでもう1枚のカードを用意して、そこに1打ごとに使用クラブと、ショットのでき具合を自己採点し、記入するようにしましょう。たとえば、ドライバーでいえば、略字でDと記入して、そのわきにでも採点数字を書き込みます。採点の基準は3ポイント制で、フェアウェイにあれば3点、ラフに行けば2点、OBや池などに打ち込んだ場合は1点です。このようにして、2打地点からのショットも自分の判断基準に従い、採点してみましょう。そして、ラウンド後にクラブ別に平均得点を算出します。そうすれば、自分の今後の課題となるものがおのずとみえてくるのではないでしょうか。