ミスの出ないアプローチ




ボールからグリーンまで、そしてカップまでの距離が短くなるに連れて理論的には寄せやすい状況になります。ですが実際は花道の絶好のポジションから予定距離の半分もショートしてしまう。なぜでしょうか?基本的に距離感に狂いのある場合はそれを正すことしか方法はないでしょう。
ですが、誰にでも距離の勘はあるのです。なければゴミ箱にごみを放り投げることができないでしょう。では、誰もが持っているはずの距離の勘はなぜ狂ってしまうのか。距離に関する保険がけが、逆にショートやホームランを助長してしまっているのです。その保険がけとは、知らず知らずのうちに大きくなっているバックスイングなのです。十分すぎる距離をバックで作ってしまうために、逆にインパクトで力が抜ける。
必要以上に大きなバックスイングには緩みが内在しているのです。ストロークは左右対称と知りながら、力加減が波を打っては意味がないのです。基本は左右対称です。が、大きくするとしたら左側、つまりはフォローとフィニッシュです。トップの振り上げには注意してください。距離を作るときインパクトとスイング面の形を重視することで、{大きなバックスイングからのインパクトで力が抜ける」という現象は回避できると思います。
 まずはキャリー1mのショットです。クラブはSWで力は不要です。アドレスして、胸の前で作る五角形を崩さないように左右にストロークします。これでキャリィー1mは運べます。そしてこのときのインパクトこそ全てのショットのに共通するインパクトなのです。
フェースに球を乗せて運ぶようなキャリィー1mのショットからインパクトを強化する。そして、1、5m、2mとキャリィー距離を伸ばしていくのです。加減の必要なショットは短い距離から作っていくことでスイングの緩みは解消されるのです。しかし、絶好のポジションからのうっかりミスは、自分のスイングタイプと実際のスイングの質の違いから生まれている場合もありますので、一度、自分のスイングタイプの確認をして、自分に合ったスイングを心がけましょう。