ツマ先上がりのアプローチ





シャフトが短いため、ただでさえクラブヘッドが返りやすいショートアイアン。しかも、ライがツマ先上がりとなれば、ボールは狙っている場所よりも左へ飛び出しがちになります。そこで、あらかじめピンの右サイドにクラブフェースを向けて構えるのが基本となります。平らなライと違って、手前側が低くなっているので、そのぶんクラブを短く持ちます。そうすることで平地に近い感覚でアドレスできるのです。ボールの位置はスタンス中央ぐらいにします。また、カカト寄りに重心をかけると体が立っている状態になってしまい、バランスがとりづらくなります。重心を落とし下半身を安定させたら、上体を少しだけ前傾して構えましょう。肩、腰のラインは飛球線より右を向きますが、スタンスのラインはややオープンにします。こうしたほうがヘッドを振り抜きやすくなるからです。
 同じツマ先上がりのライでも、ピンまで距離があるようなら、インサイドインの軌道でクラブを振ったほうが、ボールはしっかりとらえやすくなります。しかし、ショートアイアンやそれより短いクラブを使うアプローチでは、インサイドインの軌道で振ると、当然左へ引っかけやすくなってしまいがちです。これを防ぐには、インサイドインの度合いを小さくすることが大事です。イメージはクラブヘッドを飛球線に対して真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す感じでいいでしょう。また、体を大きく使うとボールを正確にとらえにくくなります。距離の短いアプローチで大振りするのはミスにつながりますので、インパクトでアドレスの形を再現するくらいの気持ちで、クラブを軽く振るようにしましょう。ただし、手打ちは禁物です。肩の回転を使って打つことを忘れないで下さい。