球質と距離感を決める。アプローチ前の素振り



アプローチショット前に誰もが素振りを行っていると思います。問題はその素振りの仕方です。場面が極端に変化するアプローチショットでは、ただ何となくの素振りでは通用しません。アプローチショット前の素振りでは、特にボールの前後30センチ、計60センチの振り幅に注目しましょう。たとえ最もシャフトの短いSWといってもこの60センチはストレート軌道を描いてほしいです。ボールの置かれたライや、傾斜、そして弾道の質に関係なく、ストレートな60センチをイメージして素振りしましょう。インパクトゾーンの保持のためです。3度も素振りをしてみれば、ヘッド弧の走りが残像として脳裏に残ります。
イメージだけではなく、実際に視覚でとらえることが大切です。カット軌道でインパクトするとか、力を加減してなど、頭で考えるのではなく、ただ60センチのストレート軌道の素振りに専念しましょう。脳裏にヘッド弧の走りが残像として残ったら、まずザックリミスはなくなります。続いてトップを固めて、そしてフィニッシュを固めて素振りする。ここでは球質と距離感が決められます。多く見られる光景としては、二義的な素振り、つまり球質と距離作りのみに重きを置くためその結果インパクトが緩んだり、カットしたりということになっていたわけです。
ストレートの残像を得ることでボールをゾーンでとらえるイメージがわいてくると思います。するとインパクトへの我執がなくなり、過度な緊張からも解放されるのです。ただクラブを振るだけの素振りは体慣らし。そして距離合わせの素振りはスイング慣らし。それ以外にもアプローチショットでは、目慣らし、勘慣らしが必要になってきます。そのための30+30=60センチのストレート残像なのです。