アプローチにおける頭とボールの位置



アプローチでは、ボールの位置とクラブを変えるだけで何通りかの球筋を打ち分けられますが、これには条件があります。それは、常に同じ打ち方をする事です。ロブショットなどの特別なアプローチは除きますが、基本的に打ち方は変わりません。ボールの位置が変わると、打ち方も変えてしまう人がいますが、これではゴルフ自体が複雑になるだけです。 練習量が少ないアベレージゴルファーだからこそ、できるだけシンプルなアプローチをマスターしましょう。まずアドレスに注意します。ボールの位置を変えても、両手と頭の位置は変えません。両手は常に左足太モモの前、頭はスタンスの中央です。ボールをスタンスの真ん中に置いたときは目の真下にボールを見ることになりますが、右足寄りにボールを置けば目線の右側に見えますし、左足寄りに置けば目線よりも左側に見えるのが正しいと覚えてください。アプローチが苦手な人は、常に頭の真下にボールが見えなければいけないと思い、ボールの位置を変えると頭の位置まで動かしてしまいます。これではスイング軸が一定せず、スイングもバラバラになってしまうのです。  例えば、ピンの位置が2段グリーンの奥、ボールから20ヤード離れたところにあるとします。この場合ボールを転がしたほうがピンによる確率は高いといって間違いはありませんが、みなさんなら、どういう打ち方をしますか?ボールを右に置き、クラブのロフトを立てて打つ。確かに間違いではありません。しかし、実際にボールを右足寄りに置き、ピッチングウェッジのロフトを立てて打った場合、ミスヒットすることが多くないでしょうか?その理由の多くはいくらロフトを立てていても、「ほんとにピッチングで届くのかな?」と考えてしまい、強く打ちすぎたり、逆にインパクトで力を緩めてしまうことが挙げられます。それなら、ボールをスタンスの中央に置き、最初からロフトの少ないクラブで打ってみてはどうでしょうか。7番アイアンを使い、クラブを上げたら下ろすだけ。これならインパクトで力を緩めることも少ないので、ダフリやトップも防げますし、ピッチングウェッジのロフトを立てて、ボールを右に置いたときと同じような弾道で転がっていきます。確かに、ボールの位置を変えることで、アプローチのバリエーションは増えますが、パッティングと同じようになるべく目線の下にボールがあったほうが、簡単に打てますし、ミスが少ないのです。状況にもよりますが、ボールをスタンスの中央に置き、クラブを換えることで対処できるかを最初に考えましょう。