アプローチにおけるボールの落としどころ




グリーンの手前が雨で濡れているような特殊な状況を除き、グリーンエッジ付近にボールを落とせばかなりの確率でグリーンに乗せることが可能です。ピンそばに寄るか寄らないかは別として、グリーンにボールが乗りさえすれば次の1打でパターを使うことができます。


パターならどんな人でも一回で入れるチャンスがあり、3パット、4パットさえしなければスコアを大きく乱すこともありません。グリーンの近くまでボールを運んだらとにかくグリーンエッジ付近にボールを落とすことに集中しましょう。もちろん、できるだけピンの近くに寄せることが理想です。


そのためには、グリーンの形状を把握しておくことが大切です。グリーンが受けているなら、あまりランが出ないため転がしよりもピッチショットのほうが有効ですし、ピンがグリーン奥ならば手前からランニングやピッチエンドランのほうがラインにも乗りやすいでしょう。ピンの手前に大きなアンジュレーションがあればそれを超えたところにボールを落としたほうがいいのか、手前から転がしてアンジュレーションによってどちらにボールが流れるのかを計算したほうがいいのか、できるだけ細かいところまでグリーンをチェックします。そうすることで、どういう球筋でどこにボールを落とせばいいのか、そのためにはどのクラブを使えばいいのかが自然と浮かび上がってきます。何も考えずにグリーン周りからは8番アイアンで転がしと決めている、あるいはサンドウェッジでボールを上げて寄せるのが自分のスタイルという人は、色々な状況に対応できないので注意しましょう。たとえば砲台グリーンのように手前から打ち上げるような場合はロフトの多いウェッジを使ってグリーン手前にボールを落とすと傾斜でボールの勢いが弱まりランが出ないことがあります。


この場合は9番アイアンを使ってグリーン手前にボールを落とせば多少勢いを失っても前に進む力が残っている分、ある程度のランが計算できます。
アベレージゴルファーのように同じところから何度も打てない人でも最初の経験を次のホール以降に生かすことはできます。自分なりに情報を少しずつ増やしていき、適正なクラブ選択と打ち方を考える。これがアプローチ上達のコツなのです。