ゴルフのスイングアプローチでの注意点




ドライバーやアイアンでフルスイングするときは体の回転や体重移動をしっかりと行っているのに、アプローチをしようとすると手打ちになってしまう。こういう方は少なくありません。目標が近いので、手だけ動かしてボールを打てば十分、目標まで届くと知っているからです。しかし、手打ちの最大のデメリットはインパクトでアドレスの形を再現しにくいところです。つまり、せっかくアドレスでインパクトの形を作っても、まったく違う形でインパクトを迎えてしまうのです。その結果、フェースが開いたり、あるいは閉じた状態でボールをとらえるので、方向性や距離感が悪くなってしまいます。ボールを打つタイミングが少しでも狂うと、ダフリ、トップも出てしまいます。 アプローチで大切なのは、常に同じスイングをできるかというリピート性をいかに高めれるかです。そのためには、肩を回し、小さくですが体重移動も行うのです。あくまでも、フルスイングの振り幅が小さくなったものがアプローチだということを忘れないで下さい。もちろん、ランニングアプローチのように最初から最後まで左足体重でボールを打つときもありますが、通常のピッチエンドランや中途半端な距離を打つ場合は体重移動を行うのです。

フェースの開き方

アプローチというと、すぐにクラブフェースを開いて構えようとしていませんでしょうか?めいっぱいにフェースを開き、とにかくボールを上げることだけに意識が集中してしまうゴルファーがよくいらっしゃいます。確かに、ロブショットや、下り傾斜のグリーンでピンが近いときなどは、フェースを思い切り開き、ボールを高く上げて止める打ち方をしますが、通常のアプローチではフェースを開く必要はありません。なぜならサンドウェッジのようにロフトが多いクラブで打つ場合、十分にボールを上げられるだけのロフトがあるからです。フェースの芯でボールの芯をとらえることができれば、かけようとしなくてもスピンはかかるので、グリーンに落ちたあと、ボールは止まってくれるのです。無理にスピンをかけようとフェースを開いて打つと、距離感をあわせにくくなってしまいます。フェースを目標に対してスクエアに合わせたら、トゥの部分を少し開くぐらいで、あとはボールの上からヘッドをドーンとぶつけるだけで適度な高さにボールは上がり、スピンも利いた球が打てるはずです。