グリーンまでの飛距離で解る、アプローチショットのコツ!



30ヤードのアプローチショット


30ヤード前後のアプローチショットでは、打ち方のバリエーションが広がりますので、傾斜、風向き、芝の状況を見極め、ベストと思われる打ち方を選択しましょう。 たとえばグリーンの一番手前までの距離が短く、グリーンの起伏が緩やかであるならランニングアプローチで、起伏が読めない場合はピッチショットでピン付近まで狙います。 また、ピンが奥にある場合は突っ込むとオーバーしてしまう危険性があるので低く打ち出しピン手前から転がします。 30ヤード前後の距離で基本となるのはピッチショットですのでクラブを振るスピードと出球のスピードの調整で打ち分けましょう。そこで、スイングと出球のスピードが同じようにすればピッチ&ランになりますし、出球のスピードを速く打てば、ランニングアプローチになるのです。 30ヤード前後のアプローチで弾道のイメージができなくて、打ち方に迷うようでしたらボールを手で投げて転がるというイメージをしてみてください。初心者の方であってもそれくらいならばできると思います。それで良い打ち方が思いつくこともあります。プレー中はさまざまなシチュエーションやライ(ボール周辺の芝や砂の状況)があるのでどんな状況にも対応できるように打ち方のバリエーションを用意しておくことが大事だと思います。そして、イメージしてそのとおりの球筋を打つことも重要です。結果的に良いアプローチができたとしてもそれに満足せず常に高みを追求し続けましょう.

50ヤードのアプローチショット

中途半端な距離を打ち分ける、具体的な方法を教えましょう。それは、左腕の角度を目安にして、距離の基準を1つ設けることです。 例えばサンドウェッジを使い左腕が地面と平行になるまで上げたときの距離が50ヤードだったとしましょう。これを基準にもう少しバックスイングを大きくすれば70ヤード、逆にバックスイングを小さくすると30ヤードの距離になると考えるのです。さらに、フルショットの距離が90ヤードなら、もうこれで4通りの距離を打ち分けられるということになります。つまり、50ヤードの打ち方をマスターすれば4つの距離の打ち分けを覚えたことになるのです。あとは、左腕を50ヤードと70ヤードの間に収めれば60ヤード、70ヤードと90ヤードの間に収めれば80ヤード、30ヤードと50ヤードの間なら40ヤードと、10ヤード刻みで距離を打ち分けられることもできます。もちろん完璧な打ち分けをするためには、練習でその感覚を身につけなくてはなりません。しかし、何の基準もなしに感覚を覚えていくよりはずっと簡単だと思います。  バックスイングの大きさを変えても距離を打ち分けられないという人は、もう一度基本に戻りましょう。短い距離を打つときはクラブを短めにもち、ボールをスタンスの中央に置き、体の回転でスイングします。フルショットでもハーフスイングでもスイングリズムは変わりません。距離が短くなるにつれて手打ちになりがちなので気をつけましょう。  距離を打ち分けるには、ヘッドの位置よりも左腕の角度、もしくはグリップの位置で決めたほうが簡単です。グリップが右足太モモの前を過ぎた辺りで何ヤード、腰の高さまで上がったら何ヤードというように、左腕の角度やグリップの位置を目安に自分にとっての基準の距離をきめるといいでしょう。また、同じクラブを使って距離を打ち分ける以上、70,80ヤードを打つときと、30ヤード打つときにかかるスピン量が変わります。同じスイングリズムでもクラブヘッドが動く距離が長ければ、ボールにかかるスピン量も増えるのでランが少なくなります。つまり、短い距離ほどランが多くなるのです。これも重要なので覚えておきましょう。



50~70ヤードのアプローチショット

50~70ヤードの距離からのアプローチショットの場合、アイアンのコントロールショットと基本的には同じです。グリーンがよほどの傾斜でなければボールは落ちてからすぐ止まるはずですのでピンまでキャリィさせるように打つのが基本的な狙い方です。 しかし、ピンの位置によってイメージを変更する必要がありますので注意しましょう。 ピンが手前にある場合はボールを高く打ち上げて、ピンの根元に落とすかスピンで止めるようにします。また、ピンが奥の場合は、ノーマルで打つことももちろんありますが、直接狙っていくとグリーンオーバーする可能性があるのでピッチングウェッジ(PW)やアプローチウェッジ(AW)を使用しピンの手前から転がして狙う事も選択肢の1つです。 そしてグリーンの一番手前までの距離とそこからのピンまでの距離を把握して、どれぐらいキャリィするか決めます。そして、グリーンの硬さやフォロー(追い風)を加味してラン(ショット後のボールが着地後ころがって進むこと)を計算します。そこでピンが奥の場合はオーバーしてしまわないように低いボールを意識するようにしましょう。また、ピンが手前であったり、グリーンがやわらかい場合やアゲインスト(向かい風)のときはダイレクトに打ちます。このように考えることがたくさんありますので、実際のプレー中にはどうスイングするかではなく、どう寄せるかに重点をおいてみたほうが良い結果が生まれるのではないでしょうか。この距離からではアプローチというよりはショットの意味合いのほうが強いので力の加減が必要です。普段から自分が何番手で打ったら何ヤード飛ぶのかを把握しておき、自分の基準となるヤード数を体に覚えさせて、それより強め、弱めで打つなどしていけばスコアアップも狙えることでしょう。



80ヤード以内のアプローチショット

 アプローチのウェッジやサンドウェッジでフルショットすると、グリーンを大きくオーバーしてしまう状況では、バックスイングの大きさで距離を調整します。左腕の角度によって中途半端な距離を打ち分けるのです。例えば、左腕が地面と平行になったあたりで、バックスイングを止めたショットが、サンドウェッジなら50ヤードと分かっていれば、自然にその前後の距離感もつかめるようになります。ただしこの打ち方をマスターするには条件があり、それは、バックスイングの大きさにかかわらず、常に同じスイングができなくてはならないということです。アベレージゴルファーにバックスイングを小さくするようにいうと、手打ちになってしまうことが多いです。腕の振りを気にしすぎて体を動かすことを忘れてしまうのでしょう。しかし、腕だけでクラブを振るとインパクトが強くなったり弱くなったりしてしまい、同じ振り幅でも距離感が変わってしまうのです。フルスイングと同様に、アプローチでも上体をしっかり捻転することで、インパクトでヘッドがアドレスの位置に戻ってくるようになります。どんな小さなバックスイングでもしっかり肩を回して上体を捻転することを忘れなければ、中途半端な距離でも打ち分けられるようになるのです。  80ヤード以内の中途半端な距離を打ち分けるには、まず自分が使うクラブを決めることです。あれこれ悩むのではなく、どのウェッジを使うか1本に絞り、それで距離を打ち分けるようにしたほうが簡単なのです。そして、自分の左腕がバックスイングで、どの位置にきたときに何ヤード出るのかを確認しましょう。このとき、距離感はあくまでキャリーです。ランを含めた距離だとグリーンの状態によって変わってくるので基準にならないでしょう。自分が打てる距離が分かったら、あとはグリーンの状態や風向きなどを考えて、その数字を変えていきましょう。また、クラブ選択ですが、アプローチウェッジかサンドウェッジのどちらかを選ぶことをオススメします。フルスイングと比べ、中途半端な距離を打つ際にはスイングスピードが遅くなって、そのぶん、ボールにスピンがかかりにくくなります。ですがロフトが多いクラブでしたら、スイングスピードが遅くてもスピンが利きやすいからです。ピッチングウェッジよりもロフトが多いアプローチウェッジ、サンドウェッジがいいという理由はそこなのです。



飛距離やシチュエーションによりアプローチ方法は変わりますが、どのような状況でもアプローチする事ができるように練習してみてください。