ゴルファーにはあげてアプローチするのが好きな人と、転がして攻めるのが好きな人の2つのタイプがいます。



グリーンを外してガードバンカーの入れてしまったらこんな時は誰でも迷わずサンドウエッジをもちますね。
しかしラフに外したときはどのクラブを使うのが正しいのか非常に迷うのがアベレージゴルファーです。ゴルファーの中には玉をあげてアプローチするのが好きな人と転がして攻めるのが好きな人の2つのタイプがあります。
私はまず7番アイアンを考えというのは転がし主体のアプローチです。 7番で転がすか9番で転がすかそれでもダメならアプローチウエッジを使おうという考え方です。 グリーンの上では出来る限り長く転がして点で攻めるピッチショットではなくグリーンを線で攻めていきたいと思っています。

たとえばピッチショットのアプローチでカップをオーバーしたとします。 これは空中を飛んでカップの向こう側に落ちるのですからこれはカップインする確立はゼロです。
しかし転がしていくなら入ってしまうかもしれない。ピッチエンドランはボールの落とし所うを気にしないといけないけれど、転がしならばここぞという時に大胆な攻めも可能になります。転がしはカップインする確率が一番高いのです。

そしてピッチショットはライが悪ければかなり難しいショットです。
ボールと芝の間にクラブヘッドをきれいに入れなければならないのですこれは緊張した場面ではミスが出やすくダフリトップが出るのです。なので転がしていく方が簡単なのです。
ピッチショットはクラブフェースをボールと芝の間にうまく入れてやることと強さを考えることの2つがありますが転がしは強さだけ考えればいいので楽なのです。

転がしは文字通りグリーンの上を転がすので次にパットのために非常に参考になることがあります。 次のパットのラインを読むための情報がこの転がしで出てくるのです。
転がしたらただボールの行動を見ているだけでなく どういうラインを通ったか、しかっりと目に焼き付けて次のパットに役立てるようにします

転がすのはなんとなく初心者みたいでカッコ悪いとか思わないで 以上のような良さを体験してみてください