3種類のアプローチショット方法を理解してピンを狙う



 アプローチはそんなに複雑に考えないでください。基本的にアプローチの打ち方は3種類しかなく、その3種類の基本さえマスターすれば、あとはその応用で全て対応することができるのです。その打ち方とはどのようなものなのでしょうか。
 具体的に言うと①ピッチ&ラン②ランニングショット③ロブショットの3つの打ち方です。もうひとつピッチショットという打ち方もありますが、これはピッチ&ランの延長線上にある、上げるショットだと思ってください。基本的には①~③の3つの打ち方でだいたいの場合が対応できます。スイングの種類は(打ち方)はできるだけ少ないほうがいいです。そのほうが、シンプルで簡単だからです。それで打ち方なのですが、簡単にいいますと、ランニングショットは転がす打ち方、ロブショットは高く上げる打ち方、ピッチ&ランはふたつの打ち方の中間で上げて転がす打ち方、さらにピッチショットは上げる打ち方なのですが、ランがロブショットより多い打ち方です。要するに、上げるか転がすか、またはその両方を利用するのか、なのです。この3つの打ち方さえ理解すれば、アプローチは問題ないでしょう。


3種類の打ち方のスタンスとボール位置の関係を知る

 3つの打ち方で基本的かつ重要な点を頭に入れて練習すれば、個々の打ち方が分かりやすくなるのです。その基本的なこととは、スタンスとボール位置の関係についてです。

ピッチ&ラン

オープンスタンスで構えます。ランニングショットよりオープンで、ロブショットよりはオープン度は低くします。ボール位置はスタンスの中央もしくはやや右足寄りです。


ロブショット

ピッチ&ランよりもさらにオープン度を強めて構えます。ボール位置も左カカト延長上の前後にセットとからり外側にセットします。


ランニングショット

ランニングショットは2種類あり、ひとつはスタンス幅を狭くしてスクエアもしくはそれよりもややオープンに構えます。ボール位置はスタンス中央もしくはそれより右よりにセットします。もうひとつの構え方は、パットと同じ構え方をします。スタンスを広く取りボールはスタンスの中央にセットします。そして、ほとんどスクエアに構えます。