アイアンで気をつけるためのポイントとは?



アイアンで気をつけるためのポイント:頭の上下動を抑える

アイアンのミスショットの代表といえばダフりとトップ。この恐怖があるうちは、ボールを強くヒットできないので、強い弾道を得ることができません。

特にダフりはフェース面の角度もかわるので、距離感。方向性とも狂って最悪の結果を招きます。これらのミスの原因は、スイング中の体の上下動。

これをなくすためには、ボールと目の距離を変えないようにスイングしてみましょう。すうすることで、上体が突っ込んだり、起き上がったりというミスは少なくなり「

アドレス=インパクト」という理想のカタチに近づけるはず。飛ばす必要のないアイアンショットですが、インパクトを加減してはいけない。これを実現する第一歩が上下動の撲滅なんです。

アイアンで気をつけるためのポイント:額の高さを変えない

スイング中の上下動をを抑える方法をもう一つ。額の位置に注意することで正確なスイングができるようになります。

ボールとの距離を変えないようにする場合は、どこに集中してスイングするかがつかみにくいかもしれません。

額の位置をかえないように意識すると、額に集中できるのでスイングがスムーズになります。

具体的には額に意識を集中、アドレス→トップ→インパクトまでボールから目を離さないようにボールをヒットする。ただし、ボールを見るのはインパクトまで。

フィニッシュ近くまでボールを見続けると、スイングが詰まり、窮屈になるので注意してください。

ゴルフ雑誌でも頻繁に記事になっているのが、「寄せのテクニック」です。これはショートアイアンやウェッジ(ロフト角が50度以上のアイアンタイプのクラブ)を使ったグリーンまでのアプローチショットのことをいいます。特にショートゲームでは、アイアンショットで方向性が大事といわれています。ここでミスをすると、それだけでスコアが1打、2打と増えてしまうので、必ずショートアイアンでのアプローチ練習もしましょう。スイングの方法は変わりませんが、20?30ヤードの短い距離を飛ばすためには、フルスイングではなく、ハーフやクォータースイングも必要になってきます。そのための練習もしておくことをおすすめします。