アプローチの打ち方で気をつけること




アプローチはどんな打ち方がが適しているか?

アプローチは、そんなに複雑に考えないでください。基本的にアプローチの打ち方は3種類しかなく、その3種類の基本さえマスターすれば、あとは応用系ですべて対処することができるのです。

その打ち方とはどのようなものでしょうか?下の球筋がその代表的な打ち方です。

具体的にいうと

1:ピッチ&ラン

2:ランニングショット

3:ロブショットの3つの打ち方

です。

また、ピッチショットという球筋があります。しかし、ピッチショットはピッチ&ランの延長上にある上げるショットと考えてください。

基本は1〜3の3つの打ち方でほとんどの場合、対処できます。

スイングの種類はできるだけ少ない法がベターです。そのほうが、ゴルフがシンプルになり、すこぶる簡単になるのです。

それではこの3種類がどのようなものなのでしょうか?

簡単にいうとランニングショットは転がす打ち方・ロブショットは高く打ち上げる打ち方・ピッチ&ランはふたつの打つ方の中間で上げてころがす打ち方のことをいいます。

ピンまでの距離が然程ない所からのアプローチ・ショットに パワーは 当然のことながら 必要ない。ショットの精度を上げるために、むしろ、パワーは 邪魔にさえなり得るものだ。精度を上げることが アプローチ・ショットでは全てだとも言えるが、そのためには 以下の三つの急所を押えて テクニックを磨く必要がある。

 (1) ボールを クリーンに芯で捕らえて打つこと
 (2) 距離感を養うこと
 (3) 方向性を良くすること

この三点は (1) (2) (3) の順に ある意味 重要度が落ちるが、これらを念頭に 正しいボールの位置、肩の回転と手・腕の振り方などについての理解を深め、どのようにボールを打てば良いのかを学ぶことがポイントである。

いずれにしても、アプローチの上達は、まず、ボールを クリーンに打てる能力を 高めることであるが、そのためにはバウンスの使い方、即ち、上述の最適角度を利用する術を身につけることがポイントである。そして、それが出来るようになったら、距離感を養うことだ。つまり、7番アイアンから サンド・ウェッジまで、ボールの軌道やバック・スピンの影響などを考慮して ボールの転がりも含めた距離のコントロールが出来るようになるのが理想である。しかし、サンド・ウェッジ一本でプレーする人も居れば、7番アイアンくらいから サンド・ウェッジまで 全てのクラブを使う人も居る。また、2 - 3本のクラブに絞って 使い分けるスタイルで プレーしている人も沢山居る筈だ。自分にとって どんなスタイルが ベストかについては以上のことを良く考慮した上で、十分 研究して 決めて下さい。