【必見】ドライバーのスライスの対策とは?




手打ちのカット軌道というのが、典型的なスライサーであり、このタイプの人は手でいくら軌道を調整しても、スライスを直すことができません。その理由はスイングの力点がグリップにあるからです。

スイングはあくまでも下半身主導ですが、上体の力点は「左腕の内側から肩にかけてのライン」におく事がポイントです。こうすれば、テークバックで体の左サイドが一体となって動くため、手先を使わずに体の回転でクラブをあげていく事ができます。

スライスが出る原因のひとつに、振り抜きの悪さがあります。

それを修正するためにダウスイングからフィニッシュにかけて、一生懸命クラブを振ろうとする人がいますが、これは逆効果でヘッドは走りません。

クラブを気持ちよく振り抜くには、ダウンスイングよりもバックスイングがポイント。

体の右サイド、とくに右腕を後ろに引くような感じで体を動かすと、より効果的です。

スライサーを下半身の動きが強いため、手打ちになる傾向がありますが、それはトップでの右のフトコロの狭さが原因です。


この部分が狭くなると、トップから逃れようとして、手でクラブを振り下ろしてしまうのです。

右肘を浮かせるのではなく、右サイドのフトコロが広くなれば、ゆったりとクラブを下ろす時間が生まれます。理想はこの時間に下半身を動かすことですが、それができなくても、窮屈なトップから解放されることによって、手打ちのスイングは修正できます。

ドライバーのスライスは円を描くことを意識すること

本来、スイングアークというのは丸い円を描くことが基本ですが、スライサーの多くは半円になっています。

実際はどんなスイングをしても円状になりますが、頭の中、つまり意識が半円になっている、ということです。


自分のスイングを思い出してください。ボールをうつことばかり考えていませんか? 多くの人は体の右側の部分しか意識していないのが事実です。スイングはフィニッシュまでクラブを振り切って、初めて成立するものです。大きな丸い円をイメージすることによって、スイングバランスは間違いなく向上します。

ドライバーのスライスは頭の中を変えていくこと

スライスを直すにはスイングの形ではなく頭の中を変えていくことが一番の近道です。

飛ばすときでも、僕たちプロはバランスが崩れない範囲でボールを叩いています。

しかしアマチュアの肩はイングバランズを無視してクラブを振り回してしますので。 ボールを飛ばすことは考えず、フィニッシュがピタッと決まるスイングをイメージしてクラブを振ってみてください。バランス感覚を重視しながらクラブを振り切ることを覚えれば、必ず、スライサーから脱却ができます。