フェアウェイを百発百中決めれる打ち方とは




飛ばしたという欲が、スイングを狂わせ、ボールを曲げてしまう最大の原因です。

普通に振れば、飛距離が出るように設計されているのですから、基本に忠実にスイングすれば、うまくうてるようになります。

腕のローテーション:バックスイングで右腕、フォローで左腕を曲げる
最初は手打ちでもOK。
右腕を返すように腕を動かし左右対象のスイングを作るようにしましょう。
基本に忠実なスイングとは、左右対象に振ることです。
そこでまずはヘッドを走らせることだけを考えて腕をローテーションさせましょう。
ボールを打つと当てにいく意識が強くなるため、最初は素振りから初めてください。
バックスイングで右腕が曲がり、インパクト以降では左腕が曲がります。 この動きができれば、トップで右脇が開いたり、フォーローで左肘が引けるなどのミスがなくなり、ボールをしっかり捕まえるようになります。
左肘が引けやすい人は、トップから右手を積極的に使っても構いません。

トップの位置:ボールを投げるときの最高点が正しいトップのポジション

トップの位置がき割らないとスイングは安定感を欠きショットがバラついてしまいます。 上投げでボールをしっかり使って投げるようにします。
そのボールを投げる直前の右手の位置に、左肩を回しながら左手ももっていきグリップします。 ここでできたカタチがあなたにとって一番自然なトップです。
上体には無駄な力が入っていません。肘も必要以上に高く上がっていなと思います。

つまり、ボールを投げるときの右手の最高点がトップの位置ということです。
こうしてトップが決まればスイングは安定していきます。

ヘッドの走らせ方:左耳でスイング音を聞くとヘッドを滑らかに走らせる

スイングのカタチを気にする事も必要ですが、正しく体を動かし本番で力が入ったら台無しになってしまします。そのためには余計な力が抜けるまで素振りを繰り返します。
リラックスして振れると、左耳でスイングの音を聞くことが出来るようになります。
とくに「素振りきれいなのにね」と言われる人は、うつ前に必ず実践してみてください。
ボールがあるとうまく振れないのは欲があるから。素振りにはその欲がないからきれいに振ることができるのです。欲=力なので力を生む元凶というわけです。

方向性アップ:腕の位置までノーコックがヘッドを軌道に乗せるコツ
テークバックの軌道が正しければダウンの軌道も正しくなる

ドライバーの精度を高める、簡単に言えば方向性を良くするには。プレーンを安定させることが不可欠です。テークバックでヘッドを正確な軌道に乗せ、その軌道にできるだけ近づくようにダウンスイングすれば、スイングには安定感が生まれます。