ゴルフクラブは14本まで!初心者におすすめな選び方




ゴルフを始めた頃は、自分にとってどのようなゴルフクラブが最適なのか、わからないものです。ゴルフショップの店頭では、様々なメーカーの最新モデルが並んでいます。専門用語も飛び交っており、いっそのこと、初心者向けのクラブセットなんてものはないのかと随分探したものですが、そのようなゴルフクラブというものはありません。 「このドライバーはよく飛びますよ」、「このアイアンは安定した弾道が出せます」、「このパターは、有名な選手が使っていたからおすすめです」といったセールストークについついのせられて、いろんなクラブを買って試してしまう、そんな「豪気な初心者」も中にはいるようですが、このようにして買ったクラブが、コースで全て使えるわけではないのです。 コースに持ち込みができるゴルフクラブの本数は、ルールで14本までと決まっています。これは、1859年の全英アマチュアゴルフ選手権に出場した選手が、55本ものゴルフクラブを持ってきた事でクラブ選びにも時間がかかり、コースでクラブを運ぶキャディも大変な労力となってしまったことから、R&A(The Royal and Ancient Golf Club of St.Andrews)がルールとして14本までと決めたからです。

ヘッドスピードによって最適なクラブセットを選びましょう

ゴルフクラブは14本まで、と制限されているため、各々のゴルファーは自分自身にとって最適なクラブセットを選ぶことが重要です。そのポイントとなるのは、自分自身のスイング、特にヘッドスピードです。 メーカーによっては、ヘッドスピードが速めのアスリートゴルファーからヘッドスピードが遅いシニアゴルファーに対応した様々なゴルフクラブを販売しています。 ヘッドスピードは飛距離と関連するため、初心者だけでなくすべてのゴルファーにとって重要です。ヘッドスピードが遅い場合は、飛距離が出なくなります。そうなると、その分、飛距離が出しやすく、ボールが上がりやすいクラブでなくてはいけません。そのようにしてゴルフクラブが開発されてきた結果、ヘッドスピード別のゴルフクラブが販売されるようになったのです。

基本的なクラブの構成(ドライバー・アイアン)とは

14本のゴルフクラブの構成も、ヘッドスピードによっておおよそ分けられます。ヘッドスピードが速いアスリート系のゴルファーの場合は、比較的打球のコントロールがしやすい4番や5番のアイアンを含めたクラブ構成にします。一方、ヘッドスピードが比較的遅いアベレージやシニアゴルファーであれば、3番ウッド(スプーン)や5番、7番、9番のフェアウェイウッドを含めたウッド系中心のクラブ構成になります。その中で、打ちやすいユーティリティクラブを入れてみるのもいいでしょう。あとは、グリーン周りのショートゲームのためのウェッジなども、必要に応じて加えていくべきです。最後にパターも忘れずに入れましょう。

必ず、ゴルフクラブは手にとって選びましょう

ヘッドスピードとともに大切なのは、振りやすさです。ゴルフクラブはゴルフを楽しむ道具です。そのため、気持ちよくプレーできるクラブであることが最も大切なポイント。ゴルフクラブは、必ず手にとって選びましょう。