アドレスって? ゴルフはアドレスが命 スィングの良し悪し決まる




アドレスは「静止」であると認識するのか、「動作」と認識するのか。 「プロだってアドレスではピタッと体が止まるではないか。静止だろう」という方が多いと思う。これがとんでもないのだ。
 アドレスは勤きなのです「動作」だと認識しなけれぱいけないのです
ゴルフ雑誌を読んでアドレスの形を研究する。下半身の形、上半身の形、腕、そしてグリップの形。
 しかし、その’形‘ができるようになるほどテークバックが堅苦しくなり、スムーズさがなくなっていきます
 いいアドレスの形ができるようになったのにうまく打てないのなぜか、というこの疑問を解くヒントとなったのは、「クラブヘッドをボールの先かスタートさせて打つ」という練習だ。
 ボールの先の飛球方向からヘッドをスタートさせ、ボールの上通過させてテークバックをとり、打っていく
 アドレスという静止状態がない、この練習ではスムーズさは失われない。
アドレスを「静止」と考えて型にはめ込むことばかりに考えないでください。
       構えが「静止」であっではリズムもないのだから、スイングを開始するのが苦しくて当然のことだった。
アドレスが「石」と化してはスイングもままならない。アドレスは、ボールを打つための予備動作だ。動作と考えなくてはいけないのである。 私がアドレスは動作であるということでソールを浮かせて構えることにしてみた。
ソールを地面につけてしまってはクラブが。死に体″になってしまう。浮かせて、グリップエンドの重さを感じるように柔らかく持つ。 両腕に余裕ができて両ワキも締まるようになった。
リズムが体に残っていて楽にスイングができるようになったのだ、

体からリズムを失わずにアドレスしてスイングする具体的は
1 打つ前に素振りをするだろう。そこからリズムを刻みはじめる。
2 素振りで右左への体重移動、肩の回転のリズムが残る。
3 そのリズムを体に残しながらアドレスに入る。
4 ソールは地面に着地させない。左右の足のツマ先をゆっくり交互に持ち上げてみよう。
5 左右への小さな体重移動が起きる。
 これで素振りのリズムを残すのです。少しずつ足の動きを小さくしていく。「止まるかな」という小さな動きまで持っていく。が、決して止まってはいけない。
 そこからバックスイングをとって打っていきましょう
 アドレスは「動作」なのだ。静止してはいけないのです