ゴルフグリップの基本と正しい握り方




なぜグリップが大事なのか

実は、ボールが曲がる原因のほとんどはグリップです。 グリップの握り方によって、インパクトの時のフェースの向き(=ゴルフクラブの打球面)に違いが生まれます。 フェースの向きによっては、下記のような曲がりが出やすくなります。
 フェースが間違った方向を向いてボールに当たると、いくらスイングの軌道を修正しても、ボールが曲がったり、思い描いたとおりにボールを飛ばすことは出来ません。 いくら練習してもボールが曲がってしまったり、トップやダフりが出てしまうときは、最初にグリップを疑ってみましょう。
 グリップを変えるだけで簡単にミスがなくなることはよくあります。

ゴルフ人生を決定する左手のグリップ

左手のグリップによって、その人の持ち球(=よく出やすい球筋)が決まります。
 その左手のグリップには、3つの種類があります。 スクウェアグリップ ストロンググリップ ウィークグリップ どのようにグリップを握るかによって、その後のゴルフ人生が大きく変わってしまうと言っても過言ではありません。
 それぞれのグリップに、特徴がありますので、一つずつ解説していきましょう。

まっすぐ飛ばしたいならスクウェアグリップ

スクウェアグリップのメリットは、最も美しいスイングフォームが身に付くという点です。 
 ゴルフグリップは「必ずこのグリップでなければならない」というものはありません。
 しかし、個性的なグリップをしていると、スイングもとても個性的なスイングをしなければ、ボールが真っすぐ飛ばないという現象が起きてきます。 綺麗なスイングフォームで、しっかりボールを飛ばしたい方はスクウェアグリップを選ぶようにしましょう。 
正しいスクウェアグリップが身に付くと、持ち球はほとんど曲がらない、ストレートボールになります。

フェード系が打ちたいならストロンググリップ

ストロンググリップのメリットは、スライスが出にくくなり、飛距離が出しやすいという点です。 
反対にデメリットは、ひっかけやチーピンが出やすいこと、正しいアームローテーションが身に付きにくいことです。 ストロンググリップは、別名フックグリップとも呼ばれます。図のように、構えた段階から自然にフェースが閉じた状態になります。
そのため、スライスで悩んでいる方には効果的なグリップです。 また、フェースが閉じることにより、ロフト角が減ります。
ロフト角が減るとバックスピンの量が減り、ボールが水平方向に飛ぶようになるため、飛距離も伸びるのです。 しかし、フェースを閉じることにより、ボールの捕まりが良くなりすぎて、引っかけやチーピンと呼ばれる球が出るようになります。 引っかけ=真っすぐ左にボールが飛んでいく球 チーピン=極端に左に曲がっていく球 すると、身体が自然とそれを避けるために、体を右側に開いたり、インサイドアウトの軌道を描くように振ってしまいがちです。これは本来の正しいアドレスとはかけ離れてしまいます。
 また、スクウェアグリップでは、インパクトにむけて、フェースを閉じていくアームローテーションという動きが必要でしたが、最初からフェースを閉じているストロンググリップでは、その動きが不要になります。
 アームローテーションをせずに、フェースを閉じた状態で打つと、自然とフェードボールという球が出やすくなります。 ※フェードボール=打球が落下直前に速度を失って、打者の利き腕の側へわずかに曲がること。
 つまり、その人の持ち球(=よくでやすい球筋)がフェードボールになります。