意外と重要なゴルフシューズ選び





ゴルフシューズはゴルフの上達に関係します。芝の上でしっかりとスイングするためにも、ゴルフシューズは重要なアイテムだといえます。現在、主に使用されているゴルフシューズは、大きく分けて、ソフトスパイクシューズとスパイクレスシューズにわけられます。ソフトスパイクは、グリーンの芝の保護のため、セラミックやプラスティック製のスパイク鋲を装着したシューズです。ソフトスパイクはグリップ力に優れています。また鋲の部分が交換可能で、グリップ力を維持することが可能です。スパイクレスは、名前のとおりスパイク鋲は無く、素材やソールのパターンによってグリップ力を高めています。 スパイクレスのソールはスパイク装着シューズに比べ通常のシューズに近い感覚で疲れにくく運動性が高いという長所がありますが、ソールが磨耗するとグリップ力が大きく損なわれる短所もあります。ソフトスパイクを選ぶか、スパイクレスを選ぶのかはそれぞれの好みにもよると思いますが、ビギナーにはグリップ力の強いソフトスパイクが良いようです。そして、革靴タイプではなく、スニーカータイプを選択しましょう。通気性が良く、軽量で疲れにくいのです。ゴルフ場ではアップダウンのある芝生を歩くわけですから、動きやすい靴を選ぶべきでしょう。また、ゴルフは雨が降っても行うスポーツですので防水タイプのシューズをお勧めします。そして、試着して何歩か歩いてみて、サイズやフィット感を確認してみましょう。