グリップの基本とグリップの作り方




グリップの基本

アプローチの際、右手が返ったり(フェースがかぶる)、左手の甲が目標の右にでていったり(フェースが開く)すると、狙ったところにボールを落とすことはできません。では、なぜこんな動きをしてしまうのでしょうか?
第一に考えられるのは、グリップの形が悪いからです。クラブヘッドを地面にソールしたとき、上体がボールに正対していれば、インパクトで余計な手の動きは生まれません。極端なストロンググリップやウィークグリップだと、ソールしたときに、上体が右や左に傾きます。
このままクラブを引くと正しい位置にヘッドが上げることができず、ダウンスイングでも、アドレスの位置にヘッドを戻すことはできなくなってしまうのです。正しくグリップするには、両腕をダラリと垂らした位置でクラブを握り、そのままボールにクラブフェースを合わせてください。
そして、上体をボールに正対させ、両手が左足太ももの前にくるように構えれば正しいグリップの完成です。


グリップの作り方

グリップの作り方を簡単に説明します。まず、左手の親指は軽く曲げるショートサムにします。手のひら全体でクラブを握ると、手が器用に動きにくくなるからです。指のつけ根の膨らんだ部分にクラブを乗せたら、ギュッと握るようにします。

これだけで、引っ張られても抜けないぐらいの強さで握ることができます。ただ、意識的に強く握ろうとしないで、左手の中指、薬指、小指の3本で握る位の感覚です。また、自分から見て左手のナックルが2個見えるぐらいなら、極端なストロンググリップにもウィークグリップにもなりません。それに伴い左手の親指と人差し指でできるV字は、自分のアゴから右サイドを指すのが正しい方向です。左手のグリップが完成したら、左手の横から右手を添えるようにして握りましょう。
左手の上からかぶせたり、下からクラブを持ち上げるような握り方は禁物です。特に右手のV字が極端に右を向いてはいけません。