正しい素振りの方法




インパクトの形


アマチユアゴルファーの大半は素振りのやり方から間違っていると私は思っている。
 正しい素振りの方法の説明を始める前にちょっと寄り道をしたい。

・素振り
・空振り
 この2つの違いをゴルファーならしっかりと知っておいていただかないと困る。
 上級者でもこの用語の違いに無頓着で混同している人がいるが、この2つはルール上においても大きく違ってくる。 「空振り」とは打つ意思を持って振ったが、ボールに当たらず、空を切ってしまうことだ。これはショットしたことになって1打加算される。 「素振り」とは、ボールを打つ意思はなく、ショットする以前の予備動作のことだ。もちろん1打加算の対象にならない。当たり前のことですが結構勘違いしてる人がいます。
さて、本題の素振りだ。
これは読んで字のごとく素になる振りだ。つまり「基本の振り」である。それだけに素振りは軽い気持ちで何の考えもなしに振っていると、おかしなクセが身について後々たいへん困ったことになる。
 ゴルファーの大半は「素振り」と「実際の球打ちの時の振り」が一致しない。これは私にいわせると、素振りの方法自体が間違っているからだ。 私が実際のショツトで下半身がしぶとく粘り上体もぐらつかないい安定したスイングを身につけたきっかけは、素振りで「音を出す正しい場所」を発見できたからである。「音を出す」とはクラブをビュン‐とうならせることだ。その「ビュン」がスイング中のどこで鳴れぱいいか。素振りをすれば、だれもがクラブをビュン、ビュンとうならせる。
ことができる。このピュンという音を、自分の体の感覚の中でいつも同じ所で出すようにしないといけない。 それはダウンとフォローの左右に分けた場合、フォロー、つまりボールを打った後にだ。ダウンで十分にタメを利かせて、上体が正面を向いたあたりから、腕、そしてクラプを目標にほうり投げるように加速させてやる。このイメージで素振りをすればクラブはフォローで素晴らしい うなりを生じる。ビュンという音が、体の右側で出てしまうのは右手の使い方が早く、フォローで左腰が引け力が抜けてしまうからだし、そんな振り方では豪快なうなりは生じない。
そこでクラブを速く振るため に、鉄棒やバットを振って訓練す る人がいる。この方法は確かに力がつくが、やる順番がある。順番 を間違えると、私の体験からいう と「百害あって一利なし」になってしまう。
それはどういうことかという と、ここでいう、クラブを振って 「ビュン」という音がフォローで鳴るように下半身で振る。絶対に 手先から振ってはいけない。そのためには、最初はゆっくりと振って、振る順序を自分の体に 覚えさせる。左下半身リード→胸 の向きを変え、腕→手と何度も自分の体に覚え込ませ、徐々に早く振っていけぱ、フォローで「ビューン」と音が出るよヽつな早く良いスイング感覚が身につくはずだ