ミスショットが連続して起こる理由




バンカーからのショットが再び別のバンカーへ、ラフからのショットが再びラフへ行ってしまうミスの連鎖は誰でも経験があるでしょう。 まさに「ミスショットがミスショットを呼ぶ」といったミスの連鎖がゴルフではよく起きます。
 このミスの連鎖の一番の理由は「無理をするから」です。 例えば、深いラフにあるボールを無理して打てば、ボールはラフに負けてグリーン手前のバンカーに入ったり、あるいはフライヤーしてグリーン奥のラフに入ったりします。 
 だからこそ、一度ミスしてからのショットの場合は、無理をせず、とりあえずフェアウェイに出し、そこからグリーンを狙うことを考えることが大事になります。 もうひとつ、ミスショットの連鎖が起こるのは、 自分の中にある「失敗の記憶」がよみがえるからです。 林からボールを出そうとして、木に当たって再び林の中へ...。
ゴルファーなら誰しも経験があることだが、こういった経験が記憶としてよみがえってきます。
 そうなると、あの時のようなミスが出るかも...。といったイヤな予感が頭をかすめ、結果いつも通りのスイングができなくなりミスででやすい状態におちいります。 ミスショットの連鎖を起こさないためには、失敗は誰にでもあることだと受入れ、「無理をしない」ことです。 前のホールでダボやボギーを打つと、このホールで挽回しようと無理をするゴルファーが多いですが、ミスの連鎖におちいりやすく、結果はさらに悪いものになるでしょう。
 ダボやボギーを叩いたということは、ショットのタイミングやプレイ自体の流れが悪くなり始めている予兆です。 
 スイングはいきなり改善しないので、元に戻すには数ホールかかるのが普通ですので、無理に挽回しようとせず、徐々に長い目でスイングの修正や流れを引き戻すことが、最後には良い結果を生むことになります。