パー3でのクラブ選択





ドライバー以外のリシャフトも考えよう


「パー3を制するものはそのコースを制す」といいますが、1打でグリーンにオンできる距離のパー3、基本的な攻略はショットメークです。その基準は自分のスイング、弾道、風とグリーンの硬さを織り込みます。決してピンの位置ではないと思います。
例えば、ショートアイアンの精度が5ヤードも狂わないショット精度でしたら話は変わりますが、この精度をお持ちならもうプロレベルです。そうではないのでしたら、グリーンの中央狙いに徹しましょう。それが間違いなく安全かつ攻撃的なゴルフでしょう。例えば160ヤードと表示されているとします。でしたら、6番アイアンかな、と判断されてもティグランドには前後1番手ずつ、3本のクラブを手に戦略を立てます。距離はもちろん同じですが、何が変わるかというと弾道です。6番なら6番の弾道、7番であればもっと高弾道、5番ならば低弾道となりますよね。この3つの弾道を風の具合、グリーンの傾斜や硬さで使い分けるのです。
グリーンがソフト、または奥に向かって受けていれば、低弾道でもグリーン奥まで突き抜けることはない。逆に高弾道ではグリーン手前にキャリーしたところで止まってしまう。ところがグリーンがカチカチに硬いと低弾道では転がり出てしまう。というわけです。
重要なことは、自分のショットイメージをちゃんと弾道曲線として思い描くことです。ボールから目標までのラインは決して直線ではないですよね?打球は放物線を描き、上がって落ちるものですから。その弾道曲線のイメージと実際の弾道の軌跡が一致するかどうかが腕前の分かれるとこではないでしょうか。それなら、日頃の練習で自分のショットと弾道の関係を把握する意識を持つようにしましょう。これはおそらくトレーニングをして、意識しないかぎり身に着けることは難しいと思います。
距離に関しては決め打ちできます。しかし、風や地面の硬さはすんなりと答えを出せません。その答えを弾道イメージが導いてくれるのです。