ゴルフ初心者のクラブ選びとクラブの選択



ゴルフを始めることになったら、当然ゴルフクラブが必要になります。
いざ、クラブを用意しようとしても、初心者の方ですと色々な種類や聞きなれない用語が出てきてどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。ゴルフのルールでは14本のクラブを使えることになっていますが、必ずしも14本必要ということではありませんので、初心者の方はまずは必要な本数だけ揃えて、必要になったら補充するというスタンスでよいと思います。また、めんどくさいのは嫌だという方はセットで安く売っているものを買ってしまうのもありです。
どちらにしても購入を考えるのでしたら、実際にお店に行って買ったほうがいいと思います。その際には先輩ゴルファーの方に一緒に行ってもらってアドバイスをしてもらいましょう。お店の方に相談しても良いと思います。そうした中でもある程度の用語や役割などの知識は必要なので覚えときましょう。
まず、クラブは大きく分けるとウッドとアイアンとパターに分けられます。ウッドとは飛距離を出せるクラブでドライバーとフェアウェイウッドがあります。ドライバーは(1w)一番距離を飛ばせるクラブで、最初の1打目に使います。フェアウェイウッドは主に2打目以降に使われます。3w、5w、7w等があり数字が小さいほど距離は出ますが打つのが難しくなります。逆に数字が大きくなるとボールが上がりやすく、打ちやすいといえるでしょう。3wは非常に難しいので初心者には5w、7wのどちらかがあればよいのではないでしょうか。
次にアイアンですが、主に2打目、3打目から使用します。グリーンやピンを狙う重要なクラブです。初心者にはロングアイアン(3I,4I)は難しいので必要ないと思います。ほとんどがセットで売られていますので5I~PWの6本セットなどで充分でしょう。
その他には、バンカーに入ってしまったとき使うサンドウェッジ(SW)は必須ですので用意しましょう。
最後にパターですが、ピン型、L型、T型、マレット型のタイプ(形状)があるのですが、どれが初心者向きというのは基本的にないと思いますが、かまぼこのような形をしたヘッドが大きめのマレット型が良いかもしれません。しかしフィーリングが一番ですので実際に試し打ちをしてみて一番自分に合ったものを選ぶのが重要だと思います。
1 以上でだいたい10本ほどになりますが、最低限、ドライバーと7、8、9番アイアンとSW、PW、パターがあれば始められますのでそれだけは用意しましょう。
そして、自分のレベルが上がれば必要になるクラブも出てくると思いますのでクラブもステップアップしていきましょう。

コースデビュー前に知っていて!平行構える感覚

初心者の目先の目標ラインとして、平行に構える癖をつけよう
練習場ではうまく打てているのに、コースに出るとミスが多くなるという人もいると思います。それにはアドレスの取り方にも問題があることがありますので注意しましょう。
練習場には線の入ったマットがあって、打席も目標に向けてセットされていますので目標方向へ向けて構えることは簡単です。しかし、コースに出たらそんなことは全くないですよね。目標もないので自分ではまっすぐ構えているつもりでも体が右を向いていたり、左を向いていたりしてしまいます。そのようなミスを防ぐには、日頃の練習からいつも同じように目標方向へ構えられる訓練をしておかなければなりません。体のラインが目標ラインと平行に構えられるような癖を練習でつけておく必要があります。
これは簡単なようで意外と難しく、やり方としては、アドレスに入るときいきなり両足を開かず、両足をそろえ、両膝をつけた状態で体の向きを決めるようにします。そうすると不思議なもので、右に向いたり、左に向いたりしないのです。膝をつけると平行感覚が敏感になって、両膝が目標ラインと平行になり、腰も胸も目標ラインと平行になるのです。そうしたら、右足、左足の順でスタンスを決めると良いでしょう。

こうして目標方向へいつも同じように構えられるようになったら、練習場ではマットの線や打席の向きが示す方向にいつも打つのではなく、なるべく自分独自の目標を決めて、その方向に打つようにして、わざと練習場の打席の示す方向よりも右や左の目標に向かって打ってみましょう。このような練習を続けることによってコースに出ても目標ラインと平行に構えられるようになり、ミスが少なくなることでしょう。