球筋を安定させるスイングの方法




100人のゴルファーがいれば100通りのスイングが存在します。体格や筋力の違いにより、まったく同じスイングをいうのは存在しません。 そのため、フェード系、ドロー系といった、自分に合った球筋を見つけるのは、スコアアップの近道になります。
今回は、球筋を安定させる方法について紹介していきます。

球筋を安定させる練習方法とは

アベレージゴルファーが、更に上達を目指す場合、効果があるのが持ち球を決めることです。
アマチュアの上級者やプロは持ち球でコースを攻略していきます。球の曲がり具合を計算してコントロールしているのです。

このレベルに到達するには相当な努力と練習が必要になってきますが、ある程度のところまでは、現在の練習の延長で身に付けることが可能です。

それはどのようにするかというと、初めに自分が自然に球を打ってみて、どのような球筋になるかを分析します。そしてスライス系なのか、フック系なのかを判断し、その球筋を自分の基本として決定します。

ある程度上達してきたら、目標となる球筋を目指してスイング改造することも良いですが、最初は自分が自然に打って出る球筋をベースにスイングを構築していくことがスコアアップの近道になります。

球筋を安定させるのは日々の練習

基本となる球筋を決めたら、あとは各番手で曲がり具合を一定にする練習に専念します。 ある時は大きく曲がり、ある時は小さく曲がるというような状況にならないように練習を重ねます。 とにかく遠くに飛ばすだけの練習や漠然と球を打つだけの練習からは脱却してください。 また、スライス系の人が飛ぶからといって無理に打とうとすると、スイングのどこかに歪みが生じます。球筋を変えるにはスイング全体を見直さなければなりませんので、小手先での調整は控えたほうがよいです。 飛距離と方向性は相反するものなので、簡単に両者を得るということは難しいので、繰り返し練習することが上達につながります。