クラブはヘッドスピードに見合った重さを選ぶ





 タイミングよく振れる重さは自分のヘッドスピードや飛距離を基準にして割り出します。手本になるのは、プロゴルファーやトップアマといったゴルフに長けた人たちのクラブ選択です。1打に凌ぎを削る戦いをするゴルファー達のクラブセッティングを見るとヘッドスピードごとに似通った重量のクラブを選んでいることが分かります。
こうした人たちのセッティングはクラブの重さ選びにはいい指針となります。例えば女子プロの平均ヘッドスピードの42~43m/sはくらいのドライバーの飛距離は220~230ヤードほどです。これは一般男性ゴルファーのヘッドスピードと飛距離です。このくらい飛ばす女子プロは45インチのドライバーで300~305g、5番アイアンで395g前後のモデルを使っています。ヘッドスピードが42m/s前後ならこれくらいの重さを選択すれば適度な重さを感じながらスイングしやすくなり、再現性が高まり、ヒッティングポイントも安定するのでクラブに起因するダフリやトップといったミスが軽減するでしょう。

 男子プロは、45インチのドライバーで320~325g程度、アイアンは5番で420gほど(ダイナミックゴールド仕様)という組み合わせが多く、アイアンの重さからみると、ややドライバーが軽いセッティングになっています。これは、多少スイングが不安定になってもドライバーの飛距離が欲しいためで、女子プロだとドライバーとアイアンの重量差は90g~95gほど、男子プロだと105g~110g程度と、使うクラブの重さは大きく違ってもドライバーとアイアンの重量差でみると大きな違いはありません。
つまり、ドライバーとアイアンには体力に見合った、タイミングよく安定して振りやすい重さがあるのです。ドライバーのキャリーが180ヤードくらいで、ランも含めて平地で200ヤードほど飛ぶヘッドスピードが38~40m/sくらいの人ならドライバー(45インチの場合)は290~295gで5番アイアンで370gほどのカーボンシャフト仕様が適切な重さのセッティングになります。
女子プロよりヘッドスピードがあり、男子プロほどは速くないという人は軽量スチールの中でも110g前後のやや重めの軽量シャフト仕様のアイアンを選ぶと良いでしょう。ドライバーに比べてアイアンが軽すぎたり、アイアンに比べドライバーが軽すぎたりするセッティングでは上手く打てなくて当たり前です。スイングに悩む前にクラブのセッティングを見直しましょう。