ゴルフにストレートボールなんて無い!!




我々のボールは曲がる。とにかくよく曲がります。もっとも曲がらなかったらプロになれちゃうわけですけど、だからといってまっすぐ打てればいいと思ったら、これが大問違いなんですね。
 そもそもゴルフのボールはまっすぐ飛ぶものじゃないってことですよ。なぜならボールが丸いからです。クラブにだって丸みがついています。 まっすぐなのはシヤフトぐらいで、ゴルフに直線というものはほとんど存在しないんです。つまり誰が打ってもボールは曲がるんですね。
 プロはまっすぐ打っているじゃないか、と思うかもしれませんが違います。
プロはまっすぐ打っていないんです。必ずどちらかに曲がるボールを打っています。
もしプロに聞いても「まっすぐなボールを打っています」なんていうプロは一人もいないと思います。
 最近では弾道測定器なんて便利なものがあって、気の利いたゴルフショップや練習場に行くと自分の打った球のデータを測定できます。そのときサイドスピン量ゼロというデータは無いと思います つまりストレートボールというものは存在しないのです。
  まっすぐ打とうとするとなぜダメなのかというと、どちらに曲がるかが予測できないと保険がかけられないということです。右に曲がることがわかっていれば、左に打っていけば安全にゴルフができますが、どちらに曲がるかがわからなければ、つねにトラブルになる可能性があるということです。
だからスライスならスライスでいいんです。スライスだけ打っていればスコアメークはできます。まっすぐ打つことにとらわれていると、ゴルフがどっちつかずになってしまうので、必ず持ち球を作りましょう。
 面白いもので、最初に用意ドンで打ったときのスウィングでその人の持ち球は決まってくるものです。それがスライスの打ち方なら、スライスボールのゴルフ人生になるし、フックの打ち方ならフックと一生付き合うことになるんです。
スライスして痛い思いをしている人は、スライスボールを持ち球にすればいいし、フックで痛い思いをしている人は、フックボールを持ち球にしてください。無理に変える必要はありません。
アマチュアはスライス上等!なのです。フェードでもスライスでも構いません。もちろんドローでもフックでもいい。
 どちらか一方に曲がるボールが打てていればいいんです ゴルフは曲がっているほうが安全。
そのほうがスコアになるのです。