ティーアッブについて考える





つま先上がり・つま先下がりのライは、100円ショップで売っているドアストッパーを使うと簡単に再現で 一般ゴルフアーの大半の方はティ―アップの大切さというものをあまりに知らなすぎる。「スイングがしっかりと固まってもいないのに、そんなティーアップのことをいわれたって、それは無理だ。まだまだ先の話」と思っている方もいると思う。
ティーアップは、とりあえず適当な所に適当に立てれば十分だなんて考えている。
これではいけない。 ゴルフとは自分との闘い、自然との闘い、コース設計者との闘いだ。全知全能を使って挑んでいくものなのだ。「適当」でいいことなど、ひとつもないのである。
2つのテイー・マーカーの幅、奥行きは2クラプレングスというテイーグラウンドの中で、ゴルファ ーは好きな位置に好きな高さでテイーアップをしていい適当やってはいけないのです。
ティーを剌す場所についての、基礎的ではあるが非常に重要であることを書いておきます。
「いい所を見つけてティーアップしようとすると、ティー自体を刺すのに場所を探すゴルファーが意外と多いのだ。どういうことかというと、ディボット跡のない、芝がきれいに生えそろった荒れていない場所にティーを刺そうとするのである。
これに何の意昧もない。芝の上に直接置いて打つなら、もちろんいいライを探すが当然だが、ティーの上のボールを打つのである。関係ないのです。
アドレスした時に足場がいいところにティーアップする。これがティーアップする時の重要事項 その一だ。 ディボット跡に足がかかっていたりするようでは、もう満足なスイングができないことは、読者のみなさんもよくわかっていただけるはずだ。
また片足がちょっと盛り上がった部分にかかったり、へこんだ場所にかかったりすれば、バランス は崩れてしまう。
こうしたことのないよう、まず足場を確認し、それを基準にティーアップする場所を決めていくこ とを忘れないでほしい。この基礎を守った上で、戦略的、戦術的なティーアップを考えていかなけれ ぱならない。