ドライバー少しの工夫で飛距離アップ





バックスイングが大きくなれば、上体の捻転も深くなり、ダウンスイング以降でのヘッドスピードも上がってきます。しかし力を入れすぎてしまうとスイングが乱れてしまい、逆に飛距離が伸びません。リラックスして大きくゆっくりなバックスイングを心がけましょう。
飛ばしてもいい状況では、バックスイングを始めてから両手が胸の高さにくるまではクラブをゆっくり上げてきますが、そのとき、できるだけ大きな弧を描くようにしましょう。
大きくといっても普段より気持ち大きくする程度です。それだけでもその分、深く体が捻転するので、ダウンスイング以降でのトップスピードに違いがでます。そしてここ一番で飛ばしたいときは普段よりティアップを少し高くしましょう。通常、ボールの中心線の高さがヘッドの上部よりも下ですが、フェアウェーが広くOBがない状況で飛ばしたいときはヘッドの上部よりボールの中心線より少し上にしてみましょう。

☆ティアップをボールの中心線よりドライバーの上部より少し上にする。
☆アドレスから体全体を使う感じでゆっくりとバックスイングを行う(弧は気持ち大きく)




フィニッシュまでは一気に振り抜く


スイングの際、ボールに強く当てようとかヘッドスピードを上げようと考えながらスイングしてる人は飛距離が伸びない人です。
バックスイングで胸の高さに達したらあとは無心でフィニッシュまで振り抜きましょう。
もちろん準備運動は必要ですのでティグランドに上がってすぐに打とうとはせず、バックスイングの途中からフィニッシュまで振り抜く素振りを何回か行いましょう。

☆ダウンスイングでボールに合わせにいかない(ヘッドスピードが減速する)
☆体の形を考えずに一気にフィニッシュまで振り抜くことで自然とヘッドスピードが上がり飛距離アップにつながる

このくらいの工夫でも飛距離アップにつながりますので是非実践してみてはどうですか?