真っすぐ遠くに飛ばすために不可欠な要素、オンプレーンで飛ばす!





スコアメイクを考えるのならば飛距離と方向性を両立する必要があります。リスクをできるだけ回避し、安定感のある制度の高いドライバーショットを打つために「オンプレーンスイング」を体得しましょう。


アドレス


 飛ばそうとすると、どうしても上体に力が入りやすく、左ヒジが突っ張ったアドレスになります。この構えでは力むほど身体が硬くなり、さらに重心が高くなって、バランスが悪くなります。そこで、飛ばしたいと思うときほど、肩の力を抜き、重心を下げることが大切です。こうすることによって、腕や手の力が自然と抜けるため左ヒジの柔らかさを生かせます。オンプレーンのスイングにはバランスのいいアドレスが絶対条件ですので、重心を落とし、下半身を安定させましょう。



バックスイング


 腕は身体とクラブの連結部分であり、その中でも左ヒジはクラブを振るために欠かせない部分です。左ヒジが硬直していては、腕を速く振ること(ヘッドを走らせる)ができません。バックスイングからトップにかけて左ヒジを真っすぐ伸ばす必要はありません。若干のゆるみを与えたほうが、ヘッドは滑らかに走るのです。



インパクト


 大きく飛ばすには身体を有効に使い、飛ばしのエネルギーを効率よくボールに伝えること。これは、全てのゴルファーに共通する飛距離アップのコツだと思います。大切なのは、「ボールへの意識」です。アマチュアの多くはボールへの意識が過剰にあるため、当てにいく動きが強くなります。つまり、ダウンからインパクトまでのスイングの中でボールを飛ばそうとしているのです。あなたはインパクトまでの動きを重視していませんか?イメージとしては、ボールの先でボールを飛ばすことです。フォローでボールをコントロールする感じで、振り抜きを重視することによってヘッドスピードが上がり、大きな飛距離が得られるのです。この意識の変化だけでも飛距離は大きく変わるはずです。



左ヒジの柔らかさが飛んで曲がらないショットを作る


 飛ばしの原点は、遠心力を最大限に生かしてクラブを振ることです。そのためには、腕をしなやかに動かすことが不可欠です。左ヒジの柔らかさが大事というのは、ドライバーに限った話ではありません。どの番手でも左ヒジを柔らかく使うことで身体がスムーズに回転し、オンプレーンのスイングがつくりやすくなるのです。大きなスイングアークをイメージしながらフィニッシュまでクラブをしっかり振り切ることが最大のポイントとなります。