FWやUTでつかまりすぎるのはクラブが原因かも?





 フェアウェーウッドやウッド型ユーティリティーの選び方で、意外とおろそかになっているのがボールのつかまり具合に対する意識かもしれません。フェアウェーウッドやウッド型ユーティリティに限ったことではありませんが、クラブはフェースをスクエアにしてもライ角という角度があるため、ロフト角が多くなるほどボールのつかまりが良くなるという性質があるのです。そのため、フェアウェーウッドやユーティリティーを選ぶときは、ロフト角の大きな短い番手でつかまりすぎるモデルを選ばないようにすることも必要です。
一般的なアベレージ向けモデルの多くはドライバーではフックフェースが基準になっていて、それにあわせるようにフェアウェーウッドもウッド型ユーティリティーもほとんどがフックフェースになっています。そうしたことも合って、アベレージ向けモデルといわれるフェアウェーウッドやウッド型ユーティリティーはボールがつかまりすぎて左にひっかかりやすいモデルが多くなっているのです。

特にロフト角が大きな番手ほどそうした傾向は強いでしょう。
市販モデルとしては少ないのですが、理想的にはドライバーのフックフェースでも、ロフト角のある番手になるにしたがってフェース面がスクエアフェースになるような、ロフト角が増えるほど少しずつフェースが右を向くセッティングになる組み合わせがオススメです。

勘違いしやすいのはフェースの向きが同じならボールの飛び方も同じだと思うことです。例えばフェアウェーウッドで3,5,7,9番を全て同じフェース角で合わせると、ロフト角の少ない長い番手が真っすぐに飛ぶときは、短くてロフト角が大きくなる番手ほど引っかかりやすくなります。逆に、短い番手が真っすぐに飛ぶときは、長い番手は右に飛びやすくなるというように方向性が安定しません。

フェアウェーウッドやウッド型ユーティリティーを使っていて、方向性が安定しないという方は、フェース角を調べてみましょう。どの番手もフェースの向きが同じように見えるならフェースの向きが原因で方向が安定していない可能性があるといえるでしょう。

ちなみに、上級者やプロの多くはシャフトの入れ方をチューニングすることでフェースの向きを調整し、フェアウェーウッドやユーティリティの方向性をそろえる工夫をしています。