ドライバーを逆に持って振る!





ドライバーの飛距離を伸ばしたいそのためにヘッドスピードを速くしたいと思ったとき重いクラブを作って振るのもいいし鉄棒や野球のバットをふってみるのもいいでしょう。 しかしこれらの物を振るのは日ごろから筋トレなど鍛錬している人でないと結局体を壊してしまう。
一般のゴルファーはもっと身近で間単に出来る方法があるので教えましょう。

それは間単に  ドライバーを逆に持って振る! ただそれだけです。
クラブヘッドのネックあたりを両手で持ちグリップエンドの方がヘッドになるのです。 この逆持ちで自分の力ではもうこれ以上速く振れないというまで力一杯振りきると、ビュンビュンと心地よい音が出ます。 この時仮想のボールをイメージしてグリップ部分で打つつもりで振ります。 仮想のボールを弾き飛ばすように何回も振ってみましょう。 しばらくそれで振ったら今度はいつも通りのグリップで降ってみます。
ヘッドの重さが今まで異常に感じられシャフトのしなりのわかってくるはすです。
これで練習場にいって実際のボールを打ってみましょう。
ボールをはじき飛ばす感じこれがわかってくればいいのですがアマチュアゴルファーの多くはボールを前にするとその感じがどこかに行ってしまいます。
そのときはクラブを逆に持って振ってみましょう。
体はコマの軸のようになって腕の振りもシャープになります。
これでまたクラブを通常通りにもってボールを打ってそのうちまたフェースをあわせるようになってきたら又逆に持って振ってみましょう。
何度も繰り返しているうちに今まで気づかなかったことがわかります。 両腕・手・ヘッドの動きにあわせるように胸が右・左→左・右と入れ替わってくることがわかります。
この感じがわかってくればしめたものです。
今度は逆に胸の動きに連れられて腕・手・ヘッドが動くことをつかみます。
このかんじがつかめると いきなりボールの方向性も良くなりうち急ぎをなくせるので飛距離もアップします。 ドライバーの安定度が数段アップします。