ゴルフ初心者がスイングを最短で身につけるステップとは




ゴルフボールが飛ぶ方向性が決まるシャフトの向きが重要

 シャフトの方向は、ターゲットラインと平行になります。ターゲットラインとは、ボールとターゲット(飛ばしたい所)を結んだ線の事です。
バックスイング時にターゲットラインとシャフトが平行になるのが正しい向きです。
 内側になったり外側になったりするとボールが曲がる原因になります。具体的には、内側になるとボールを左に曲げやすくなります。外側になるとボールを右へ曲げやすくなります。バックスイング時に、スイングを止めて、シャフトの向きがどうなっているのかしっかり理解しましょう。


ビジネスゾーンをマスターする際の注意点

シャフトの向きは、ターゲットラインと平行になります。
ターゲットラインとは、ボールとターゲット(飛ばしたい地点)を結んだ線のことです。
バックスイング時にターゲットラインとシャフトが平行になるのが正しい向きです。
内側になったり外側になったりするとボールが曲がる原因になります。具体的には、内側になるとボールを左に曲げやすくなります。外側になるとボールを右へ曲げやすくなります。
バックスイング時に、スイングを止めて、シャフトの向きがどうなっているのかしっかり把握しましょう。


自宅で簡単にできる練習法

自宅ではクラブを使うのではなく、ゴムボールを使った練習方法が効果的です。
サッカーボールくらいの大きさのゴムボールを用意してください。
フェースの向きや、シャフトの向きについて色々とお伝えしましたが、ゴムボールを使うことで、易しく身につけることができます。
ゴムボールを使った練習は2つです。

ボディドリル
ボールを投げる練習
それぞれ紹介していきましょう。