恥をかかないためのゴルフマナーとは




恥をかかないための服装マナー

ゴルフの服装マナーは、ゴルフ場によってさまざま。
今回は、格式の高い読売カントリークラブの服装マナーをご紹介していきます。以下の通りにしておけば文句を言われることはまずないでしょう。やはり不安だという人はゴルフ場のHPをチェックしてドレスコードを確認するか、直接電話などで問い合わせるかして確実な方法をとってください。

これで大丈夫!プレー時の服装

※これは一例として取り上げた「東京よみうりカントリークラブ」のドレスコードです。ドレスコードはゴルフ場によって異なりますので、自分が行くゴルフ場はどうなっているか、確認するようにしましょう。

男女共通でマナーを守った服装は以下のとおりです。

◎ トップスは襟付きのシャツ
(ポロシャツで問題ありません)

◎ 長いパンツ
(チノパンなど)

◎ シューズはゴルフ用シューズ
(スパイクレス、ソフトスパイクだとまず大丈夫です)

◎ 女性もベルト着用
(プレー中はシャツの裾をパンツに入れてプレーするので、ベルトをしているかどうかは見えます)

◎ 帽子、サンバイザーを持参
(ゴルフ場によっては義務付けられているので注意です。特に形状に指定はありません。キャップ、ハンチング、またはニットなど、好きなものでOKです)

ギリギリOKライン
特別に格式高いゴルフ場でない限りは、以下のものは許可されていることがほとんどですが、不安ならやはりゴルフ場に確認をとってください。

▲ 短パン、ショートパンツ
(必ずしもダメ、というわけではありません。特に女性はスカートスタイルのゴルフウェアなどもあるくらいですので、だいたいのゴルフ場で許可されています。しかし短パンやショートパンツの場合は男女共に、ハイソックスは必須です。また、プレー中はボールを追って茂みにも入りますし、ゴルフ場は自然に囲まれているため虫も多いです。虫除けスプレーを持参するなどして対策する必要があるでしょう)

▲ スカート、ワンピース
(しかしこれも短パンの時と同様、くるぶしが隠れる靴下、ハイソックスをはきましょう)

▲ 運動靴

▲ ロングネック

▲ アンダーウェアの着用(半袖の下から長袖のアンダーウェアが除くような形)

この服装はダメ!
ふさわしくない服装
参照 |メイプルポイントゴルフクラブ
Tシャツ
ジーンズ
ジャージ
タンクトップ
芝を傷つける恐れのあるシューズ
(野球用スパイクなど、ゴルフ以外のスパイクや、金属の鋲が付いたスパイク)
冬の服装について

カーディガンやダウンベスト、薄いシャカシャカジャケットを着用してOKです。
耳当てやタートルネック、ネッグウォーマーの使用もOKです。
冬の服装

1.2. これなら大丈夫!入場時の服装

高級ホテルのロビーに行くつもりで。ビジネスカジュアルをイメージしてもいいでしょう。 ※プレーする服装のまま来てはいけません。