上級者ゴルファーは出来る。パットで短い距離を先に打つ場合同伴競技者に「お先に」と断ることがゴルフマナー




あなたはグリーン上で「お先に」をする人でしょうか、それともしない人でしょうか。そんなことがゴルフの上達と関係あるの?と言われそうですが、実は大いに関係があるのです。

 特にあまり上手くない人のプレーを見ていて思うんですが、イージーなパットを先にやらず、わざわざマークをしてはずすケースがけっこう多いんですね。そんなの「お先に」って入れたほうがって思うんだけど、自信がないんでしょうね。マークして改めてやるわけだけど、待っている問にどんどん自信がなくなるし、作らなくてもいい「間」を作ってしまうから余計入らなくなるんですよ。だったらそのままの流れで打っちゃったほうが入る確率は上がると思うんですよね。上手い人はどんどん先にやってしまいますよ。 もちろん、何でもかんでも先にやればいいってものではありません。曲がるラインはダメだし、逆目のラインもやるべきではないですね。それから人のラインを踏んだりする可能性があるときもダメ。要は自分の中に「お先に」をやる定義を作っておこう、ということなんですね。

 その定義ですが、まず第一に自分のレギュレーションで普通に打てるときが重要ですね。どういうことかというと、普通に構えて普通に打てる状況っていう意昧です。その上て入れる自信があるときは必ず先に行くと決めておけばいいわけてす。え? どんなに短くても自信がないから先にやれない? それは単なる練習不足なので十分にパッテイングの練習を積んでから一マースに行ってください。パターマットでもいいし、絨毯でもいい。ふだんからパターでボールを転がす習慣をつければ必ずスキルは上がります。

 仮にラインがまっすぐだとして、どれぐらいの距離なら「お先に」をやっていいかというと、これは人によって違います。人間には「視野範囲」があるけれど、カップが視野に入っている距離なら先にやってもいい、と考えてもらっていいと思いますもしカップが視野に入っていないと、カップに顔を向けようとする動きが入るからどうしても精度が落ちるんですよね

  それでもマークして慎重に行ったほうがいい、とか言っている強情なあなたには次の事実をお伝えしましょう。ゴルフが難しいのは、打って、待って、打って、待っての繰り返しにあるってことですよ。毎回ファーストホールの状況が来てしまうからフィーリングが出しにくくなるんですよね。飛ぶ選手が崩れるときっていうのは、曲がるときではなくて、待たされるときなんですよ。待っている間にいろいろ考えてしまうし、体が冷えたり、フィーリングがなくなってしまうからおかしくなるんです。このように、連続して打てるってことはほぼないので、やれる状況ではやってしまったほうが得だってことです。

 さあ、理解できましたら次のゴルフからはなるべく「お先に」をしてみてくださいね。