サッカー日本代表中田英寿氏が、ゴルフをやって気づいたこと 「個人スポーツのほうが向いていた」




元サッカー日本代表の中田英寿氏が5月16日、東京・原宿DESCENTE SHOP TOKYOで行われました「中田英寿×片山晋呉 ゴルフマッチプレー対決」発表会に登場!
「デサントゴルフ」アンバサダーに就任いたしました中田氏は昨年2014年11月から本格的にゴルフに挑戦はじめました。
「先生に教わったことを頭で考えてそれをどうやって体にリンクさせるかという作業がすごく大変だった」と振り返り、インプットした情報を頭と体で動かし紐つける事が出来る中田氏はやはりプロアスリートだけあります。
中田氏は「正直ゴルフを始めた頃は「この競技つまらないなぁ。。。」と思いながらやっていた」と告白いたしました中田氏だが、「今はようやくやっていて楽しくプレイできるようになった」
ゴルフにはまっている近況を報告した。 また、ドライバーを使わない理由について中田氏は「僕がサッカーで一番多用していたのはインサイドキックで、それは一番正確にボールを飛ばせるから。ボールを遠くへ飛ばすのならインステップで蹴るのが普通だけど、僕はサイドキックで誰よりも強く早く正確に飛ばせればいいと考えていた。同じようにゴルフでも自分に合わないドライバーよりも正確に打てるアイアンで飛ばせるように努力したほうがいいのではと思った」と自身のサッカー経験から導き出した理論を明かした。
質疑応答で中田氏はゴルフの楽しさについて聞かれ「楽しさを感じるようになったのはごく最近」と前置きした上で、「自分の思いどおりに打てるようになると周りを見る余裕が出てきて自然の中で(ゴルフ場を)歩いているって気持ちがいいなと思うようなった」とゴルフの魅力に言及。イベントの最後には「サッカーやっていましたが、個人スポーツのほうがいいのかなとすごい思います。自分一人の中で終わった(完結)したほうが結構スッキリするものがたくさんある」と衝撃発言も飛び出した。