ツマ先下がりのアプローチ



ツマ先下がりのライでは、ボールよりも自分の足の位置が高いため、インサイドにテークバックすると、クラブヘッドが傾斜に当たってしまいます。それを避けるために、できるだけクラブを真っすぐに引くようにします。逆にフォロースルーでは、ヘッドを真っすぐ出そうとすると、インパクトでフェースが開きやすくなるためインサイドに振り抜くようにしましょう。ちなみにここでいう、真っすぐ引くというのは、アドレスからトップスイングまで体とクラブの距離を変えずにバックスイングすることです。インサイドに引くというのは、クラブを体に近づけて上げることで、アウトサイドに上げるというのは体から離してバックスイングすることです。
同様に、インサイドにフォロースルーを出すというのは、体に近いところにクラブを振りぬくことで、真っすぐ出すというのは、体から離れたところに振り抜くことをいっています。勘違いしやすい言葉なので注意してください。

アドレスでのボールの位置はスタンスの中央か、それよりもボール1個分ほど左です。クラブフェースは開かず、リーディングエッジを目標に向けてセットしましょう。両手は、左足太モモの前にくるように構えます。ボールが右に飛び出しやすいのでスタンスはオープンに構えてください。
 10ヤードほどの短い距離を打つ場合でも体重移動は行います。体を大きく動かすほどではありませんが、アドレスで構えたところで足踏みするくらいの体重移動はするのです。
ちなみにこの体重移動とは、体を回転させるのと同じでアプローチのような小さいショットでも、体を回す意識がある以上、体重移動は行われているのです。



ポイント


・テークバックではクラブヘッドを真っすぐ引いていく
・フォロースルーではインサイドにクラブを振り抜く
・体重移動は行う。フィニッシュでは左足に体重が乗る