グリーンとカラーの間





ボールがグリーンとカラーの間にある場合、まずパターを使う場合から説明しましょう。
パッティングの場合、少しアッパーブローに打ちますが、ボールの後ろにラフがある以上、グリーン上から打つときと同じストロークをしていては、スムーズにボールを打つことはできません。こうした状況ではボールの上からヘッドを下ろしてくるイメージでストロークします。ボールの位置はスタンス中央にセットします。そのため、シャフトが目標サイドに傾き、ハンドファーストの形になります。ランニングアプローチの構えに近いです。芝の影響を受けないように、手首のコックを少し使ってテークバックしてダウンスイングではボールを上から潰すように、多少芝をかんでもいいつもりでボールの後ろにある芝ごと打ちます。
注意する点はアドレスしたときにソールしないことです。ラフの上でパターをつるように構えましょう。つぎにサンドウェッジのリーディングエッジを利用する場合、エッジをボールに当てるのではなく、エッジでボールを転がすイメージを持ちましょう。なぜならエッジでボールをヒットしようとするとそのことだけに意識が集中してインパクトで動きが止まったり、ボールに対して正確にエッジを当てることができなくなるためです。基本的な打ちかたはパッティングと同じです。

リーディングエッジはパターのフェースよりも薄いので同じ打ちかたをしてもボールまでの芝をなぎ倒してくれますし、フェースとボールの間に芝が挟まることもありません。具体的な打ちかたですが、サンドウェッジをパターと同じように握り、少し短めに持ちます。クラブヘッドをつるように構え、肩を回すように動かしてボールをヒットします。ダウンスイングではボールの赤道部分に向けヘッドをおろしていきます。ただしボールの位置はパッティングの時よりも多少右に寄ります。ピッチングウェッジや9番アイアンを使っても構いませんが、ロフトの少ないクラブだと構えたときにリーディングエッジが見えにくいのでやはりサンドウェッジもしくはアプローチウェッジがいいでしょう。