ダウンスイング





 余計な動きのない、オートマチックなダウンスイングを作りましょう
トップ位置までクラブが引き上げられたらダウンスイングです。
実際のところ正しいトップ位置が決まったら、ダウンスイングはオートマチックなのです。
むしろ、極力余計な動きをさせないで、上げた位置からヘッドをストンと落としてあげましょう。その余計な動きというのは主に2つあります。1つ目は右ひじの絞り込み。せっかく右ひじにゆとりを持たせたトップを作りながら、わざわざそのスペースを閉じてしまうかのように右ひじをわき腹にくっつけるように絞り込む形は最悪といえます。 スイング弧が小さく歪み、インパクトのスクエアゾーンが点となってしまい、飛ばないし、方向性も悪くなってしまいます。
もう1つは右肩の突っ込みと右肩の落ちです。ダウンスイングでのクラブを振り下ろす方向は真下です。つまり縦ということですが、これに体の横回転(ねじり戻し)が加わるため、結果的にヘッドは斜め回転で振り下ろされ、インパクトゾーンで最下点を迎えることになる。ところがトップ位置からヘッドをボールめがけて斜めに振り下ろそうとすると、右肩が出てしまう。典型的なスライス軌道です。
また、右肩の落ち込みでは、シャフトが寝てしまい、ダフリ、フック、スライスと、何でも出てしまうのです。バックスイングでは、リストも変えなければ、体とグリップとの距離も変わりません(左腕を伸ばしっぱなし)。ならば、ダウンスイングでも素直な振り下ろしがベストなのです。
ポイント・・・ダウンスイングのきっかけは下半身で、腕の振り下ろしではありません。このタイミングを自然体の中で感じるためにトップで深々と重心を落としてください。上体はそのままで、両膝を深く曲げます。最初、左ヒザは右前を指しています。苦しい状態ですが我慢してください。我慢しながらも次第に左ヒザがアドレス位置へ戻ろうとします。
これがダウンスイングのきっかけとなる動きです。上体はまだトップ位置のままです。ここにダウンスイングでのねじりの時間差が生じます。この時間差こそ、飛距離と方向性の源なのです。