ドライバー百発百中





・腕のローテーション・・・基本に忠実なスイングトは、左右対称に振ることです。そこでまず、ヘッドを走らせることだけを考えて腕をローテーションさせましょう。ボールを打つと当てにいく意識が強くなるため最初は素振りから始めましょう。バックスイングでは、右腕が曲がり、インパクト以降では左腕が曲がります。この動きができれば、トップで右ワキが開いたり、フォローで左ヒジが引けるなどのミスがなくなり、ボールがしっかりつかまるようになります。

・トップの位置・・・上投げでボールを投げるときの形をつくってみてください。手首のスナップだけでなく、腕をしっかり使って投げるようにです。そのボールを投げる直前の右手の位置に、左肩を回しながら左手を持っていきグリップします。ここでできた形があなたにとって一番自然なトップです。上体には無駄な力が入ってませんよね?ヒジも必要以上に高く上がっていないと思います。つまり、ボールを投げるときの右手の最高点がトップの位置というわけです。こうしてトップの位置が決まれば、スイングは安定するのです。 


・ヘッドの走らせ方・・・スイングの形を気にするのも必要なのですが、正しく身体を動かしても、本番で力が入ったら台無しになってしまいます。そこで、余計な力が抜けるまで素振りを繰り返します。リラックスして振れると、左耳でスイングの音を聞くことができるようになります。とくに「素振りはきれいなのにね」といわれる人は、打つ前に必ず実践してみてください。ボールがあるとうまく振れないのは欲があるからです。素振りにはそれがないからきれいに振れるのです。欲は力、力みを生む原因なのです。 


・方向性アップ・・・ドライバーの精度を高める。簡単に言うと方向性を良くするには、スイング軌道(プレーン)を安定させることが必要です。テークバックでヘッドを正確な軌道に乗せ、その軌道にできるだけ近づくようにダウンスイングすれば、スイングには安定感が生まれるのです。
ポイントは腰の位置までノーコックでクラブを上げていくこと。ここで手首をコックしたり、コネたりするとヘッドがプレーンから外れやすくなります。フェース面と背骨の角度が平行になるようにクラブを上げ、腰の位置からコックすることが基本です。

・ダウンからフォロー・・・アイアンは当るのにドライバーになると当らなくなるという原因の1つはクラブの長さにあります。クラブに振り回されて、手が身体から離れてしまい打点がばらついてミスヒットが多くなります。そういう人はダウンからインパクトにかけて軽く左ワキを締める意識を持てば、ヘッドがインサイドから下り、ドロー打ちの軌道が描けるようになります。しかし、あまり強く締めすぎると身体の回転が阻害されてしまうので注意しましょう。