アゴの下からの脱出





アゴの状況を見て1回で脱出可能かを判断する

 アゴの真下にボールが止まってしまった。こんなときはどう打ったらよいのでしょうか?このような状況下では、1回で脱出できるかどうかをまず判断しなければなりません。
アゴのふちよりもボールが外側にあれば、脱出可能です。しかし、内側にあるときは1回で脱出することはまず無理でしょう。アゴの外側か内側か判断できないような状況では、クラブをアゴのふちから垂らしてみて、ボールがそのラインよりも前にあるか後ろにあるかで判断してください。
 次に打ち方ですが、重力の方向、つまり垂直に構えてください。けっして重力に逆らって構えてはいけません。上げようとして右肩を下げて構えると、トップしやすくなってしまいます。



無理にフォローは取らずにドスンと力の限り叩く

 アゴの下にボールがあるということは、ボールがそこで止まってしまい落ちてこないということですので、程度の差はあるでしょうが、ボールが目玉状態になっているということです。そのため、砂に勢い良くヘッドを入れ込む打ち方で脱出させます。そこでフェースは開かずにスクエアに構えます。ただし、かぶせて構えないで下さい。フェースをかぶせてしまうとボールアゴを超えなくなってしまいます。
 あとは、しっかりとグリップして、ボールと砂の接点ギリギリのところにリーディングエッジから打ち込む意識で、力の限りヘッドを打ち込んでください。とにかくパワーが必要なので、おもいっきりドスンという感じで打ちます。
 ただし、フォロースルーは取らないでください。無理してフォローを取ると、ヘッドがアゴにあたり、かなりの抵抗が手に伝わるはずです。下手をすると手首を痛めてしまう恐れがあります。