アスリートは知っている。ゴルフスイングにおける集中力の重要さ




 ゴルフに限らず「集中力」という言葉はスポーツでも勉強でも仕事においてもいたるところで使われています。 1つのことに意識を集める。 誰でも簡単に言いますが具体的な集中の仕方を知ってる方はあまりいないかもしれません。ゴルフスイングにおける集中力も重要なことです。集中力がなくては飛ばすための能力は使いきれないからです。

スイングに関して、その集中力の作り方があります。要は力の集約。力が流れないよう、力が散漫にならないよう、人間の肉体的な力、クラブの動きようで得られる物理的な力、それらをインパクトというボールをクラブのヘッドでヒットする1点に集約させるのです。
そのためのアイデアが、ティアップしたボールの左に別のボールを置き、ティアップしたボールだけを打つ。ミスすればティの下のボールを打ってしまうので、何とかしてティアップしたボールを打とうとする。その一念でスイングをすれば、飛距離も伸びるのです。

まずは気持ちをインパクトに向けてください。そして肉体的パワーも物理力も、すべてをインパクトへ結びつけることで最大の飛距離が得られるでしょう。理屈ではなくて、ボールへの執着こそが集中力を増します。なので、このボールセットアップで実行していただきます。練習場で試してみてください。結果は二の次で、まずはボールだけに集中です。
心を1つにする事が集中です。力を1点に集約するのも集中です。思うこと、考えること、感じることを1つにすることで力は1点に集約されるのです。そして集中というものが人間の持つパワーというものを何倍にもしてくれるのです。
誤解しないでほしいのですが、ここでいう集中力とは、点のインパクトを求めているのではありません。インパクトはあくまでゾーンです。長いゾーンの上にインパクトの瞬間があります。そして、このボールセットアップでティアップしたボールだけを打ち抜けたとき、逆にインパクトはゾーンとなっているでしょう。ヘッドが地面と平行に走り、ボールをとらえているのです。