ゴルフスイングトレーニング方法





 身体の回転と腕の振りを、うまく一体化させるにはどうすればよいでしょうか。この重要テーマを目標に身体と腕を調和させるのが、クラブを2本つなげた素振りです。
 2本のクラブのグリップ側を重ね合わせると、とても長いクラブができあがります。この長尺クラブで素振りを行います。アドレスではエンド側を身体の中心から左わき腹のほうに外しますが、あとは普通の長さのクラブのように素振りします。これでフィニッシュまで、身体のどこにも引っかからずに行えたら、腕の振りと身体の回転はうまく一体化しており、全体のバランスが保たれている証拠です。もし、軸回転をメインとした動きがなされてないとしたら、グリップエンド側につき出たシャフトで、身体をたたいてしまうのです。特にフォローになると、その傾向はすぐにつかめます。体重が右に残っていると、クラブで左わき腹を叩いてしまいます。身体の回転が少なく、腕の張りが早くても、同様に左わき腹を叩くことになります。いかに身体にシャフトを触れないでフィニッシュできるかが問題です。答えは、インパクト以降、身体の回転を早めにして、腕の振りがその後についてくるようなタイミングにすることです。



スイングのコアをつくる素振り


 ショットを安定させるには「身体の正面でボールをとらえる」ことが重要です。素振りでもこの動作をつかむことができます。再現性が高く、安定したスイングをするには、腕の振りと身体の回転を一致させることです。形としてはクラブが身体の正面にあれば、両者が一致しているとみていいでしょう。ということは、クラブのエンド側が自分のおへそを向いていればいいのです。そこで、クラブのシャフトの真ん中あたりを持って、エンドを自分のおへそに向けた姿勢をつくります。これが、アドレスのポーズです。次に身体を右に向けます。このときにエンドが身体の中心から外れないようにします。腕を動かさないで、胸を右に向けていくようにします。そうすれば身体とクラブの位置関係は保てます。
 さて、今度はダウンです。ここでも腕を動かすという意識は持たず、身体だけを左にターンさせていきます。そうすれば、肩と両腕の描く三角形はまったく崩れません。これが、腕の振りと身体の回転を一致させた動きなのです。



2本のクラブを握って振ってみる


2本のアイアンを一緒に握って素振りをします。腕に2本分の重さが加わるので、いつもより早くは振れません。ゆったりしたスピードになります。速く振るからバランスを崩すのであって、ゆったり振れば身体のバランスは保たれ、スイングの軸もできるのです。重くなったクラブ(2本)のその重さを手に感じ取りながらゆっくり振ります。これはウォーミングアップにも役立ちます。



連続して素振りを行う


その場でドライバーをビュンビュンと繰り返して振る、素振りです。アドレスする必要はなく、いきなり振りはじめ、フィニッシュの手前に来たら、そのまま軌道を戻してトップにもって行き、そのまま再びダウンへ移ります。なるべくシャフトが風を切る音を出すように力強く速く振ります。この効果は、両足の踏ん張る力が強くなることと、それによって力強くクラブが振れるようになることにあります。



右腕だけでクラブを振ってみる


右手だけでドライバーを持った素振りです。ゆったりしたタイミングで振ります。トップは自然に大きくなりますが、そのせいでダウンでは軌道が揺れがちになります。振り上げた軌道をなぞるようにして、軌道面を揺らさないでフィニッシュまで持っていきます。
それには右腕だけでダウンするのではなく、身体のターンが必要です。フォローでは十分に右腕を伸ばしますが、フィニッシュはあまり大きくは取れません。


左腕だけでクラブを振ってみる


左手にドライバーを持っての素振りです。トップが小さくて、フィニッシュが大きくなる傾向にあります。注意点としては、テークバックでクラブが揺れやすいことです。右腕と反対に、右への振りがやりづらいのが左手です。ここでも左腕だけではなく、身体の回転を使って腕の振りを助けます。トップまでいったら、後はゆったりと大きくフィニッシュに向けて振っていきます。