アイアンショット基本で、ボールをしっかりつかまえるには? その2




インパクトの形


多くの人が分かっていることだと思いますが、スイングではインパクトでアドレスの形が再現できることが理想とされています。もちろん、インパクトはアドレスのように静止した状態ではないので、厳密に同じではありませんが、少なくともグリップの位置が身体の正面にきたときにインパクトを迎えられれば良いというわけです。ところが、スイング中に手首を使う動きが入ると、これが再現できなくなる。言い換えれば、理想的なインパクトの形は作れないのです。その点、身体とグリップが一体となっていれば身体を動かすだ けで、インパクト=アドレスという構図ができあがるわけです。このとき、左手を意識すると手首の動きが抑えられます。



スライス防止


多くの人が分かっていることだと思いますが、スイングではインパクトでアドレスの形が再現できることが理想とされています。もちろん、インパクトはアドレスのように静止した状態ではないので、厳密に同じではありませんが、少なくともグリップの位置が身体の正面にきたときにインパクトを迎えられれば良いというわけです。ところが、スイング中に手首を使う動きが入ると、これが再現できなくなる。言い換えれば、理想的なインパクトの形は作れないのです。その点、身体とグリップが一体となっていれば身体を動かすだ けで、インパクト=アドレスという構図ができあがるわけです。このとき、左手を意識すると手首の動きが抑えられます。



ラウンド中の修正


ラウンド中にボールが捕まらない状況に陥ってしまったら、右肩に注意してスイングすることをオススメします。簡単に言うと、ダウンスイングで右肩が下がらないようにする。ということです。右肩が下がると、振り遅れてフェースはどうしても開きやすくなってしまいます。さらに、左肩も意識するともっと効果が上がります。ダウンスイングで身体の左サイドリードでスイングを始めて、左肩を水平に、つまり横に速く回していくのです。疲れて回りにくくなった身体に、左肩を回すことで勢いをつけてあげるのです。こうすることによって、体重移動もスムーズになってショットが安定感を取り戻すのです。