ドライバーの飛距離は何ヤード





上手く打つことばかり考えて、自分の飛距離には無頓着な人がけっこう多いものです。
 240ヤードの長いパー3に来て、ドライバーじゃ大きいからというのでスプーンで打って40ヤードもショートして「このホールしっかり距離あるなあ」と思ったり、あるいは残り180ヤードから5番アイアンで届くと思って打ったのだけど大ショート。手前のバンカーにつかまって目玉になっているような人。キャディさんに「本当に180ヤード?」て聞いたり、要するに自分の距離を知らないんですよ。というか、多く見積もり過ぎなんです。これではスコアを作ることなどできません。


 飛ばすことがゴルフではないのです。上手くならない人はプロのショットを見ても「まっすぐ行ったね」とか「ピンに寄ったね」とか、そういうところばかり見ているけど、本来はそうじゃなくて「ラフからピンのある面まで打ってきたね」とか「あんな左足下がりなのに、よくピンの横までボールがきたね」というような見方をしなくちゃならないのです。
 プロが凄いのは飛ぶことではなくて、どんな状況でも、自分の思った距離を打てるということなんですよ。それに気付かない限り、ゴルフはいつまでたってもボールを打つだけの競技にとどまってしまうということです。何も考えずにボールを打つ。うまく打てた。でもバンカーにつかまった。これではゴルフにならないし、ゴルフの本当に面白い部分を楽しめていないことになるんですよ。
 プロがティショットでドライバーを使わなかったとしたら、なぜドライバーを使わないのかを考えてください。
 するとドライバーを使うとフェアウェイのバンカーにつかまる可能性が高いことがわかる。そのようにテレビを見ることで、あなたのゴルフのレベルは上がっていくのです。
 コースで上手くプレーするには自分の距離を知ることです。まずは最もやさしいサンドウェッジのフルショツトから始めてください。それが80ヤードでも85ヤードでも構いません。正確に把握することでショートゲームは変わってきます。
 一番距離を把握するのが難しいのはドライバーですよ。曲がり幅が大きいし、当たり損ねもよくあるので、飛距離のバラつきがありますからね。だから「俺のドライバーの飛距離は270ヤード」なんていうのはおかしいんですよ。あり得ません。
そういう人に限ってサンドウェッジのフルショットの距離は曖昧だったりする。それではスコアも何もあったもんじゃありません。
 ドライバーは難しいクラブです。10回に1回しか当たらないのだったら、10回に3回当たるスプーンでテイショットをしたほうが得だということです。これは逃げでも何でもありません。れっきとした確率論だし、それが自分を知っているということなんです。
 というわけで、誤差があってもいいから自分のドライバーの距離を把握してください。「そこそこの当たりを平均すると210ヤードかな。思い切り当たると250ヤードだけど、その確率は10回に1回ぐらい」こんな感じでいいんです。
 それがわかっていれば、240ヤード先にバンカーがあってもドライバーでまず大丈夫