ダフリの矯正法





ラウンド中の突発ミスの中でもダフリに悩まれている人は多いと思います。しかも一度ダフリはじめると、ミスの連鎖が続くものです。しかしこのダフリを一発で止めることができます。ダフってしまったら、次なるショットでは思い切りボールを左に寄せてセットします。右ではありません。左です。ダフリとは、早い話がボールの右手前の地面を叩く現象。
そのため、ダフったらボールを右に寄せよと教えられた方も多いでしょう。そもそもこれがダフリ連鎖の最大の原因だったのです。

ダフリの根本原因は、上級者と初中級者とでは違います。
上級者のダフリはタイミングのずれであって、中級者までのダフリはスイング弧の歪みです。歪みの原因はダウンスイングでの右肩の落ち込みや、右ひざから右肩までの右サイド全般のつっこみです。その心理的な背景は、ボールに当てよう、飛ばそう、上げようという気持ちなのでしょう。ところがボールを右に移すと、ますます右サイドが窮屈になって前に飛び出てしまう。しかもヘッドを上から振り下ろす要素も加わって鋭角的なインパクトとなるわけです。
その結果、リーディングエッジから地面に突き刺さる最悪なダフリを誘発してしまうのです。ダフったらボールは右というのはまさに見た目の感覚レッスンで、そこに理論はまったくないです。
右でなければ左というだけで、ボールを左にセットすれば本能的に右ひざも左にシフトします。そうしなければヘッドがボールに届きません。右ひざが前方向ではなく左方向へシフトする。つまりひざが正しく走るのです。下半身が正しく使えたら上体も正しく動きます。そしてヘッド弧も鈍なる軌道でインパクトを迎えることになります。これがダフリ防止のボールの位置とそれに連動したスイングの変化です。これでピタリとダフリは止まります。
練習場で根本的にダフリの傾向のあるスイングを矯正するには、スイング中の体重位置を変えるべきでしょう。ボールを一個右足の土踏まずの前で踏みつけます。そしてそのままショットします。体重はダウンスイングで右つま先にかかりません。右サイドの沈み込みや、つっこみを防ぎます。
この体重感覚を覚えることができれば、もうダフリに悩まされることはないでしょう。