ゴルフの基本スライスを直す方法まとめ





テークバック


手打ちのカット軌道というのが典型的なスライサーであり、このタイプの人は手でいくらスイング軌道を調整してもスライスは直りません。その理由はスイングの力点が指先(グリップ)にあるからです。手でクラブを上げると身体が動かず、捻転不足のトップになってしまうのです。
スイングはあくまで下半身主導ですが、上体の力点は「左腕の内側から肩にかけてのライン」に置くことがポイントです。こうすれば、テークバックで身体の左サイドが一体となって動くため、手先を使わずに身体の回転でクラブを上げていくことができます。



バックスイング


スライスがでる原因のひとつに、振り抜きの悪さがあります。それを修正するためにダウンスイングからフィニッシュにかけて、一生懸命クラブを振ろうとする人がいますが、これは逆効果で、ヘッドが走りません。
クラブを気持ちよく振り抜くには、ダウンスイングよりもバックスイングがポイントなのです。身体の右サイド、とくに右肩を後ろに引くような感じで身体を動かすとより深い捻転をつくることができます。
こうすることでインパクトが詰まらずにヘッドが加速して行くため、振り抜きがよくなります。



トップ


スライサーは上半身の動きが強いため、手打ちになる傾向がありますが、それはトップでの右のフトコロの狭さが原因なのです。この部分が狭くなると窮屈なトップから逃れようとして、手でクラブを振り下ろしてしまうのです。
右ヒジを浮かせるのではなく右サイドのフトコロにゆとりを持たせることがポイントです。
そうすればゆったりとクラブを下ろす時間ができます。
理想はこのタイミングで下半身を動かすのですが、それができなくても窮屈なトップから解放されることによって手打ちのスイングは修正できます。



スイングアーク


本来スイングアークというのは丸い円を描くことが基本ですが、スライサーの多くは半円になっています。実際はどんなスイングをしても円状になりますが、意識が半円になっているということです。自分のスイングを思い出してください。
ボールを打つことばかり考えていませんか?多くの人は身体の右側の部分しか意識していないのが現実です。スイングはフィニッシュまでクラブを振り切って、成立するものです。
大きな丸い円をイメージすることでスイングバランスは確実に向上します。



フィニッシュ


スライスを直すには頭の中を変えていくことが一番の近道です。マチュアの方はスイングバランスを無視してクラブを振り回しています。
まずは、ボールを飛ばすことを考えず、フィニッシュがピタッと決まるスイングをイメージしてクラブを振ってみてください。
バランス感覚を重視しながらクラブを振り切ることを覚えれば必ずスライサーから脱却できます。