スイングの中で下半身はどのように動かさないか?




「下半身をできるだけ止めて打つ」というのが以前からの私のテーマのひとつであった。「下半身は止める」といっても現実のスイングの中で下半身は上半身の捻転によって動く。 しかし、部分部分で止めなければいけないものが、実際にあると思っていた。そのひとつが、「ダウンからインパクトの先まで左ヒザ(左ツマ先の方に出て行くがアドレスの位置に保つ感覚)」であった。 テークバックで止めるべき下半身の部分は右ヒザである。トップまで右ヒザは不動の位置を保つ。その後のダウンスイング、インパクト、フォローという動きの中で、「止まる」ことによって。軸”を形成するのは左ヒザなのだ。 バックスイング時にあった左ヒザは、アドレスの位置に戻ったらそこに止めておいて、右足の強烈ケリ込みを受けて立つ。これによって強力なパワーが下半身に生まれ、上半身、腕、クラブと伝わっていくのだ。
「下半身は使わない」というわけではない。下半身を使うのがスィングだ。だが、一般的なアマチュアは使い方を誤解している。
ニーアクションとよくいわれるが、これから生まれるイメージは、「ヒザをどのように動かすか」である。これがいけない。「ニーアクション」と聞いてヒザをアクションさせてしまう。動かしまくってしまうのだ。
飛距離を出そうと思ってインパクト前に両ヒザを送り込んでしまう。これではわざと飛ばないように打っているようなものなのだ。 スイングの中で下半身は「どのように動かさないか」を考えるべきものなのだ。
 その中で重要なポイントとなるのがテークバックでの右ヒザ、そしてダウンスイングに入ってからの左ヒザの止め方だ、踏ん張り方だ。腰を切ることによって下半身にパワーが生まれるのだが、そのためには支点がなければいけないのである。
その支点となるのが左ヒザである。腰の切れを作るために右ヒザを押し込んでいく、押し込んでいくことによってできたパワーを左ヒザで受け止めてやるからこそ腰にパワーが伝わって腰が切れるのだ。左ヒザを流してしまえば、それはもうタコ踊りだ。左ヒザに限って説明すれば以上である。
しかしながら、そこまで細分化して考えずに下半身全体のイメージで考えてもいい。それが先に紹介した「下半身を止めて打っ」なのである。 左ヒザで受け止めるという感覚が出てきたときには、腕・手の振りが、かなりシャープになっている。
そして、その上半身の動きに連られて、腰が水平運動しだしている感覚が生まれたときには、最高のショフトが出ているはずだ。